第5章 IdM サーバーおよびサービスの基本的な管理

本章では、IdM への認証方法など、IdM サーバーおよびサービスの管理に利用可能な IdM サーバーとサービスIdentity Management コマンドと UI ツールについて説明します。

5.1. IdM サーバーの起動と停止

Directory Server、認証局 (CA)、DNS、Kerberos など、複数の異なるサービスが IdM サーバーにインストールされています。インストールされている全サービスと共に、IdM サーバー全体を停止、起動、再起動するには、ipactl ユーティリティーを使用します。
IdM サーバー全体を起動します。
# ipactl start
IdM サーバー全体を停止します。
# ipactl stop
IdM サーバー全体を再起動します。
# ipactl restart
「システム管理者のガイド」に記載されているとおりに、個別のサービスだけを停止、起動、再起動するには systemctl ユーティリティーを使用してください。たとえば、Directory Server の動作をカスタマイズする際など、systemctl を使用して個別サービスを管理すると便利です。設定を変更すると、Directory Server インスタンスを再起動する必要がありますが、全 IdM サービスを再起動する必要はありません。

重要

Red Hat は、複数の IdM ドメインサービスを再起動する際には ipactl を使用することを推奨しています。IdM サーバーにインストールされているサービス間での依存関係により、サービスを停止、開始する順番は極めて重要です。ipactl ユーティリティーは、サービスが適切な順番に開始、停止されるようにします。