第5章 IdM サーバーおよびサービスの基本的な管理

本章では、IdM への認証方法など、IdM サーバーおよびサービスの管理に利用可能な IdM サーバーとサービスIdentity Management コマンドと UI ツールについて説明します。

5.1. IdM サーバーの起動と停止

Directory Server、認証局 (CA)、DNS、Kerberos など、複数の異なるサービスが IdM サーバーにインストールされています。インストールされている全サービスと共に、IdM サーバー全体を停止、起動、再起動するには、ipactl ユーティリティーを使用します。
IdM サーバー全体を起動するには、次のコマンドを実行します。
# ipactl start
IdM サーバー全体を停止するには、次のコマンドを実行します。
# ipactl stop
IdM サーバー全体を再起動するには、次のコマンドを実行します。
# ipactl restart
If you only want to stop, start, or restart an individual service, use the systemctl utility, described in the System Administrator's Guide. For example, using systemctl to manage individual services is useful when customizing the Directory Server behavior: the configuration changes require restarting the Directory Server instance, but it is not necessary to restart all the IdM services.

重要

To restart multiple IdM domain services, Red Hat always recommends to use ipactl. Because of dependencies between the services installed with the IdM server, the order in which they are started and stopped is critical. The ipactl utility ensures that the services are started and stopped in the appropriate order.

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。