Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.6.3. 既存のユーザーおよびホストへの Automember ルールの適用

Automember ルールは、ルールの追加後に作成されたユーザーおよびホストエントリーに自動的に適用されます。ルールの追加前に存在するエントリーには、遡及的に適用されません。
ルールを追加する前に存在したエントリーに automember ルールを適用するには、自動メンバーシップを手動で再構築します。自動メンバーシップを再構築すると、既存の automember ルールがすべて再評価され、すべてのエントリーまたは特定のエントリーに適用されます。

Web UI: 既存エントリーの自動メンバーシップを再構築

ユーザーまたは全ホストの自動メンバーシップを再構築するには、次のコマンドを実行します。
  1. IdentityUsers または Hosts を選択します。
  2. ActionsRebuild auto membership をクリックします。

    図13.6 全ユーザーまたは全ホストに対して自動メンバーシップの再構築

    全ユーザーまたは全ホストに対して自動メンバーシップの再構築
1 つのユーザーまたはホストに対して自動メンバーシップを再構築するには、以下を行います。
  1. IdentityUsers または Hosts を選択し、必要なユーザーログインまたはホスト名をクリックします。
  2. ActionsRebuild auto membership をクリックします。

    図13.7 1 つのユーザーまたはホストに対して自動メンバーシップの再構築

    1 つのユーザーまたはホストに対して自動メンバーシップの再構築

Command Line: 既存エントリーの自動メンバーヒントを再構築します。

すべてのユーザーの自動メンバーシップを再構築するには、ipa automember-rebuild --type=group コマンドを使用します。
$ ipa automember-rebuild --type=group
--------------------------------------------------------
Automember rebuild task finished. Processed (9) entries.
--------------------------------------------------------
すべてのユーザーの自動メンバーシップを再構築するには、ipa automember-rebuild --type=hostgroup コマンドを使用します。
指定したユーザーまたはユーザーの自動メンバーシップを再構築するには、ipa automember-rebuild --users=user コマンドを使用します。
$ ipa automember-rebuild --users=user1 --users=user2
--------------------------------------------------------
Automember rebuild task finished. Processed (2) entries.
--------------------------------------------------------
指定したホストの自動メンバーシップを再構築するには、ipa automember-rebuild --hosts=example.com コマンドを使用します。