Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.4. レプリカの削除後の自動 ID 範囲拡張

機能しているレプリカを削除すると、ipa-replica-manage del コマンドは、そのレプリカに割り当てられた ID 範囲を取得して、次の範囲として利用可能な別の IdM レプリカに追加します。これにより、ID 範囲は他のレプリカで引き続き使用できる状態のままになります。
レプリカを削除したら、「現在割り当てられている ID 範囲の表示」 で説明されている ipa-replica-manage dnarange-show および ipa-replica-manage dnanextrange-show コマンドを使用して、他のサーバーに設定されている ID 範囲を確認することができます。