Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

付録D ドメインレベル 0 でのレプリカの管理

ここでは、ドメインレベルの0でのレプリカの管理を説明します (7章ドメインレベルの表示と引き上げ を参照)。ドメインレベル 1 でのレプリカの管理については、以下を参照してください。

D.1. レプリカ情報ファイル

レプリカの作成プロセス中、ipa-replica-prepare ユーティリティーは、/var/lib/ipa/ ディレクトリーに、レプリカサーバーにちなんで名前が付けられたレプリカ情報ファイルを作成します。レプリカ情報ファイルは、マスターサーバーのレルムと設定情報を含む GPG で暗号化したファイルです。
ipa-replica-install レプリカセットアップスクリプトは、レプリカ情報ファイルに含まれる情報に基づいて DirectoryDirectory Servernbsp;Server インスタンスを設定し、レプリカの 初期化 プロセスを開始します。これにより、スクリプトがマスターサーバーからレプリカにデータをコピーします。レプリカ情報ファイルは、レプリカを作成した特定のマシンにのみインストールできます。このファイルは、複数のレプリカを複数のマシンで作成する場合には使用できません。