Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

付録D ドメインレベル 0 でのレプリカの管理

本セクションでは、ドメインレベル 0 (7章ドメインレベルの表示と引き上げ を参照) でのレプリカ管理について説明しています。ドメインレベル 1 でのレプリカ管理については、以下のリンクを参照してください。

D.1. レプリカ情報ファイル

レプリカ作成プロセス中に、ipa-replica-prepare ユーティリティーは、/var/lib/ipa/ ディレクトリー内にレプリカサーバーの名前を付けたレプリカ情報ファイル を作成します。このレプリカ情報ファイルは GPG 暗号化ファイルで、マスターサーバー用のレルムおよび設定情報が含まれています。
ipa-replica-install レプリカ設定スクリプトは、レプリカ情報ファイルに含まれている情報を基に Directory Server インスタンスを設定し、レプリカ初期化 プロセスを開始します。このプロセス中にスクリプトは、マスターサーバーからレプリカにデータをコピーします。レプリカ情報ファイルは、そのファイルが作成された特定マシン上のレプリカのインストールにのみ使用できます。複数マシン上の複数のレプリカ作成には使用できません。