Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

12.3. ホストエントリーの追加

12.3.1. Web UI でのホストエントリーの追加

  1. Identity タブを開き、サブタブの ホスト を選択します。
  2. ホスト一覧の上部にある 追加 をクリックします。

    図12.1 ホストエントリーの追加

    ホストエントリーの追加
  3. マシン名を入力し、ドロップダウンリストの設定済みゾーンからドメインを選択します。ホストに静的 IP アドレスが割り当てられている場合は、ホストエントリーにそのアドレスを追加して、DNS エントリーが完全に作成されるようにします。
    必要に応じて、いくつかのユースケースのために別の値をホストに追加するには、Class フィールドを使用します。この属性に配置されたセマンティクスは、ローカルの解釈用です。

    図12.2 ホストウィザードの追加

    ホストウィザードの追加
    で説明されているように、DNS ゾーンは IdM 「マスター DNS ゾーンの追加と削除」。IdM サーバーが DNS サーバーを管理しない場合は、通常のテキストフィールドなど、メニューエリアでゾーンを手動で入力できます。
    注記
    ホストが DNS 経由で解決できるかどうかの確認を行わないようにするには、強制 チェックボックスを選択します。
  4. Add and Edit をクリックして、拡張エントリーページに移動し、属性情報をさらに入力します。ホストのハードウェアと物理的な場所に関する情報は、ホストエントリーに追加できます。

    図12.3 拡張されたエントリーページ

    拡張されたエントリーページ

12.3.2. コマンドラインでのホストエントリーの追加

ホストエントリーは、host-add コマンドを使用して作成されます。このコマンドは、ホストエントリーを IdM Directory Server に追加します。host-add のオプションの完全リストは、man ページの ipa host に一覧表示されます。このコマンドの最も基本的な操作では、クライアントを Kerberos レルムに追加し、IdM LDAP サーバーにエントリーを作成するために、クライアントのホスト名のみが必要となります。
$ ipa host-add client1.example.com
IdM サーバーが DNS を管理するように設定されている場合には、--ip-address および -- force オプションを使用して、DNS リソースレコードにホストを追加することもできます。

例12.1 静的 IP アドレスのホストエントリーの作成

$ ipa host-add --force --ip-address=192.168.166.31 client1.example.com
ホストに静的 IP アドレスがないか、クライアントの設定時に IP アドレスが認識されない可能性があります。たとえば、ラップトップが Identity Management クライアントとして事前設定されている場合がありますが、設定時には IP アドレスがありません。DHCP を使用するホストは、--force を使用して DNS エントリーで設定可能です。これにより、IdM DNS サービスにプレースホルダーエントリーが作成されます。DNS サービスが動的にレコードを更新すると、ホストの現行の IP アドレスが削除され、DNS レコードが更新されます。

例12.2 DHCP でのホストエントリーの作成

$ ipa host-add --force client1.example.com
ホストレコードは、host-del コマンドを使用して削除されます。IdM ドメインが DNS を使用する場合は、--updatedns オプションが、あらゆる種類のホストに関連するレコードも DNS から削除します。
$ ipa host-del --updatedns client1.example.com

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。