Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

11.4. ユーザーアカウントの有効化、無効化

管理者は、アクティブなユーザーアカウントを無効にして有効にすることができます。ユーザーアカウントを無効にすると、アカウントが非アクティブになります。無効にしたユーザーアカウントを使用して認証することはできません。アカウントが無効にされたユーザーは IdM にログインできず、Kerberos などの IdM サービスを使用したり、タスクを実行することができません。
無効にしたユーザーアカウントはそのまま IdM に残り、関連する情報は何も変更しません。保存済みユーザーアカウントとは異なり、無効にしたユーザーアカウントは アクティブな状態 のままになります。そのため、ipa user-find コマンドの出力に表示されます。以下は例になります。
$ ipa user-find
...
  User login: user
  First name: User
  Last name: User
  Home directory: /home/user
  Login shell: /bin/sh
  UID: 1453200009
  GID: 1453200009
  Account disabled: True
  Password: False
  Kerberos keys available: False
...
無効にしたユーザーアカウントを再度有効にできます。
注記
ユーザーアカウントを無効にした後、既存の接続はユーザーの Kerberos TGT や他のチケットの有効期限が切れるまで有効です。チケットの期限が切れると、ユーザーが更新できなくなります。

Web UI でのユーザーアカウントの有効化および無効化

  1. IdentityUsers タブを選択します。
  2. アクティブユーザー リストから、必要なユーザーまたはユーザーを選択し、Disable または Enable をクリックします。

    図11.12 ユーザーアカウントの無効化または有効化

    ユーザーアカウントの無効化または有効化

コマンドラインでのユーザーアカウントの無効化と有効化

ユーザーアカウントを無効にするには、ipa user-disable コマンドを使用します。
$ ipa user-disable user_login
----------------------------
Disabled user account "user_login"
----------------------------
ユーザーアカウントを有効にするには、ipa user-enable コマンドを使用します。
$ ipa user-enable user_login
----------------------------
Enabled user account "user_login"
----------------------------