C.2. Kernel Oops Analyzer

Kernel Oops Analyzer ツールを使うと、Oops メッセージを処理して、クラッシュダンプスタックを解析することなく既知のソリューションがあるかどうかを確認することができます。
Kernel Oops Analyzer では makedumpfile からの情報を使用し、クラッシュしたマシンの Oops メッセージとナレッジベースに蓄積された既知の問題を比較します。これにより、予期せぬ障害が発生しても、システム管理者はすばやく既知の問題の可能性を除外して、詳細な解析を依頼するためにサポートチケットを発行することができます。