Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.8.3. サポートしている kdump のダンプ出力先

カーネルクラッシュをキャプチャーする際、コアダンプを直接デバイスに書き込んでローカルファイルシステムにファイルとして保存するか、またはネットワーク経由で送信することができます。現在サポートしているダンプ出力先および kdump による非サポートが明確なダンプ出力先の全一覧を以下に示します。

コマンドラインでターゲットタイプを設定する方法は、「kdump タイプの設定」 を参照してください。グラフィカルユーザーインターフェースでこの作業を行う場合は、「kdump タイプの設定」 を参照してください。

表7.3 対応している kdump のダンプ出力先

Type対応しているダンプ出力先対応していないダンプ出力先

Raw デバイス

ローカルで添付されたすべての raw ディスクとパーティション

 

ローカルファイルシステム

直接接続されているディスクドライブ、ハードウェア RAID 論理ドライブ、LVM デバイス、mdraid アレイ上の ext2ext 3ext4、および xfs ファイルシステム。

auto タイプ (自動ファイルシステム検出) など、この表で明示的にサポート対象とされていないローカルファイルシステム。

リモートディレクトリー

IPv4NFS または SSH プロトコルを使用してアクセスしたリモートディレクトリー。

NFS プロトコルを使用してアクセスした rootfs ファイルシステム上のリモートディレクトリー。

FCoE (Fibre Channel over Ethernet) プロトコルを使用してアクセスするリモートディレクトリー。

qla2xxxlpfcbfa ハードウェア FCoE ターゲット。bnx2fc および ixgbe ソフトウェア FCoE ターゲット。

 

ハードウェアおよびソフトウェアイニシエーター上で iSCSI プロトコルを使用してアクセスするリモートディレクトリー。

be2iscsi ハードウェア上で iSCSI プロトコルを使用してアクセスするリモートディレクトリー。

マルチパスベースのストレージ

 

IPv6 上でアクセスするリモートディレクトリー

 

SMB または CIFS を使ってアクセスするリモートディレクトリー。

 

ワイヤレスネットワークインターフェースを使ってアクセスするリモートディレクトリー

注記

ソフトウェア FCoE のダンプ出力先へダンプすると、OOM (Out of Memory) エラーが発生します。この場合は、デフォルトの crashkernel=auto パラメーターの値を大きくします。このカーネルブートパラメーターを設定する方法は、「メモリー使用量の設定」 を参照してください。