Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.5.3. IBM Z におけるファームウェア支援ダンプの手法

IBM Z には、Stand-alone Dump および VMDUMP の 2 つのファームウェア支援ダンプの仕組みがあります。

このようなシステムでは kdump インフラストラクチャーがサポートされ、利用される Red Hat Enterprise Linux の設定については、「kdump のインストールと設定」 を参照してください。ただし、IBM Z ハードウェアが提供するこれらのファームウェア支援の手法を使用すると、いくつかのメリットが得られます。

スタンドアロンダンプ (SADMP) メカニズムはシステムコンソールから開始および制御され、IPL 起動可能デバイス上に保管される必要があります。

VMDUMP は SADMP と類似しています。このツールもシステムコンソールから開始されますが、得られるダンプをハードウェアからコピーし、解析のためにそれをシステムに格納する仕組みがあります。

(他のハードウェアベースのダンプメカニズムと同様に) これらの手法のメリットの 1 つは、(kdump サービスが開始される前の) 起動初期段階におけるマシンの状態をキャプチャーできるという点です。

VMDUMP には、ハードウェアからコピーしたダンプファイルを Red Hat Enterprise Linux システムに格納する仕組みがありますが、IBM Z ハードウェアコンソールから、SADMP および VMDUMP の両方の設定および制御が管理されます。

IBM は、stand-alone dump programの記事で SADMP について、VMDUMP の記事で VMDUMP について詳細に説明しています。

また、IBM は、Using the Dump Tools on Red Hat Enterprise Linux 記事で Red Hat Linux Enterprise Linux 7 でダンプツールを使用するための一連のドキュメントを用意しています。