Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.5.2. IBM PowerPC ハードウェアにおける fadump の使用

ファームウェア支援ダンプ (fadump) は、IBM PowerPC LPARS で利用可能な kexec-kdump に代わる信頼性の高い仕組みです。ファームウェア支援ダンプでは、PCI および I/O デバイスが再初期化され、完全にリセットされたシステムから、vmcore がキャプチャーされます。この仕組みでは、クラッシュ発生時にファームウェアを使ってメモリーが保持されますが、kdump ユーザー空間スクリプトが再利用して vmcore を保存します。

そのために、fadump では、クラッシュ発生時にシステムファームウェアを使って保持する必要のあるメモリー領域が登録されます。これらの領域には、ブートメモリー、システムレジスター、およびハードウェアのページテーブルエントリー (PTE) を除く、すべてのシステムメモリーコンテンツが含まれます。

PowerPC 特有のハードウェアのリセット方法を含め、fadump の仕組みに関する詳細は、/usr/share/doc/kexec-tools-X.y.z/fadump-howto.txt を確認してください。 ここで「X.y.z」は、お使いのシステムにインストールされている kexec-tools のバージョン番号を表します。

注記

ブートメモリー と呼ばれる保持されないメモリー領域は、クラッシュ後にカーネルを正常に起動するのに必要な RAM の容量です。デフォルトのブートメモリーサイズは、256 MB または全システム RAM の 5% のいずれか大きい方です。

kexec で開始されたイベントとは異なり、fadump プロセスでは実稼働用のカーネルを使用してクラッシュダンプを復元します。クラッシュ後の起動時に、PowerPC ハードウェアはデバイスノード /proc/device-tree/rtas/ibm,kernel-dumpprocfs で利用できるようにし、fadump 対応の kdump スクリプトは vmcore を保存するかどうかを確認します。この処理が完了すると、システムは正しく再起動されます。

fadump の有効化

  1. 「kdump のインストールと設定」 の説明に従って kdump をインストールし、設定します。
  2. /etc/default/grubGRUB_CMDLINE_LINUX の行に、fadump=on を追加します。

    GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=rhel/swap crashkernel=auto rd.lvm.lv=rhel/root rhgb quiet fadump=on"
  3. (この操作は必須ではありません) 予約ブートメモリーサイズに、デフォルト値を使わずに具体的な値を指定する場合は、/etc/default/grubGRUB_CMDLINE_LINUXcrashkernel=xxM を追加します。 xx は必要なメモリーサイズ (メガバイト単位) に指定してください。

    GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=rhel/swap crashkernel=xxM rd.lvm.lv=rhel/root rhgb quiet fadump=on"
重要

すべてのブート設定オプションと同様に、必要になる前に設定をテストすることを強く推奨します。クラッシュカーネルから起動時に Out of Memory (OOM) エラーが発生する場合は、クラッシュカーネルが正常に起動できるまで crashkernel= で指定する値を増やします。この場合は、トライアンドエラーが必要になることがあります。