Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.8.2. メモリー自動予約の最小しきい値

一部のシステムでは、ブートローダーの設定ファイルで crashkernel=auto パラメーターを使用するか、グラフィカル設定ユーティリティーで自動割り当ての設定を有効にすると、kdump 用のメモリーを自動的に割り当てることができます。ただし、この自動予約が機能するには、合計メモリーの特定量のメモリーを利用できる必要があります。この容量はシステムのアーキテクチャーによって異なります。

次の表は、kernel および kernel-alt パッケージの自動メモリー割り当てのしきい値の一覧です。システムのメモリーが以下に示すしきい値を下回る場合は手動でメモリー予約を行う必要があります。

コマンドラインで設定を変更する方法は、「メモリー使用量の設定」 を参照してください。グラフィカルユーザーインターフェースで予約メモリーのサイズを変更する方法は、「メモリー使用量の設定」 を参照してください。

表7.2 自動メモリー予約に必要な最小メモリーサイズ

アーキテクチャー必要なメモリー

AMD64 と Intel 64 (x86_64)

2 GB

IBM POWER (ppc64)

2 GB

IBM Z (s390x)

4 GB

64 ビット ARM アーキテクチャー (arm64)

2 GB