Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.2.3.2. kdump タイプの設定

出力先 タブでは vmcore ダンプの出力先を指定することができます。ダンプはローカルのファイルシステムにファイルとして保存するか、デバイスに直接書き込むか、または NFS (Network File System) や SSH (Secure Shell) などのプロトコルを使ってネットワーク経由で送信することができます。

図7.2 出力先

出力先

ローカルのファイルシステムにダンプを保存する場合は ローカルファイルシステム のラジオボタンを選択します。必要に応じて パーティション のドロップダウンリストから別のパーティションを選択し、パス フィールドで出力先ディレクトリーを選択して設定をカスタマイズすることもできます。

重要

Red Hat Enterprise Linux 7 では kdump の出力先として指定されているディレクトリーが kdump systemd サービスの起動時に存在していなければなりません。この動作は、サービスの起動時にそのディレクトリーが存在しない場合に自動的に作成されていた Red hat Enterprise Linux の以前のリリースのものとは異なります。

デバイスに直接ダンプを書き込む場合は Raw デバイス ラジオボタンを選択し、目的の出力先デバイスをその横にあるドロップダウンリストから選択します。

ネットワーク接続経由で、リモートのマシンにダンプを送信する場合は ネットワーク ラジオボタンを選択します。NFS プロトコルを使用する場合は NFS ラジオボタンを選択して サーバー名ディレクトリーへのパス フィールドを入力します。SSH プロトコルを使用する場合は SSH ラジオボタンを選択して サーバー名ディレクトリーへのパスユーザー名 のフィールドにリモートサーバーのアドレス、出力先ディレクトリー、有効なユーザー名をそれぞれ入力します。

SSH サーバーの設定方法およびキーベースの認証設定については『Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド』を参照してください。現在対応しているターゲットの一覧は、表7.3「対応している kdump のダンプ出力先」 を参照してください。