Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.2.3.4. デフォルト動作の設定

kdump がコアダンプを作成できない場合に実行する動作を選択するには、ダンプが失敗した場合の動作 ドロップダウンリストから適切なオプションを選択します。利用可能なオプションは以下の通りです。

  • rootfs および reboot へのダンプ を使用すると、コアをローカルに保存して、システムを再起動します。
  • Reboot システムを再起動するデフォルトの動作
  • シェルの開始 アクティブなシェルプロンプトでユーザーを表示します。
  • halt システムを停止します。
  • Poweroff システムの電源を切ります。

図7.4 フィルタリング

エキスパート設定

makedumpfile コアコレクター に渡されるオプションをカスタマイズするには Core collector のテキストフィールド を編集します。詳細は、「コアコレクターの設定」 を参照してください。