Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

28.2.4.6. アプライアンスの作成

livemedia-creator ユーティリティーを使用すると、テンプレートで生成された記述を含む XML ファイルなど、アプライアンスイメージ (パーティション設定されたディスクイメージ) を作成できます。この場合は、仮想マシンのインストールとイメージのインストールがサポートされます。アプライアンスのイメージと記述を作成するには、--make-iso の代わりに --make-appliance オプションを使用します。以下に例を示します。
# livemedia-creator --make-appliance --ks=/path/to/valid/kickstart.ks --iso=/path/to/boot.iso
イメージと記述の XML ファイルは、--resultdir オプションを使って別の保存場所を指定しなければ、両方とも /var/tmp/ ディレクトリーに保存されます。
アプライアンス作成に固有の追加オプションには、以下のものがあります。
  • --app-name name: アプライアンス名を指定し、これが <name> タグでマークされて XML 記述ファイルに表示されます。デフォルト値は None です。
  • --app-template /path/to/template.tmpl: 使用するテンプレートを指定します。デフォルトは、/usr/share/lorax/appliance/libvirt.tmpl です。
  • --app-file /path/to/app/file.xml: 生成された記述の XML ファイルの名前を指定します。デフォルト値は、appliance.xml です。