Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

28.2.5.2. 仮想マシンを使用したインストールの失敗

仮想インストールを実行中、初期段階に何らかの理由でプロセスが中断されてしまうと (ハードウェア障害や停電、キーボードによる中断など)、以前に作成した一時ディスクイメージおよび仮想マシンを削除するまで virt-install によるインストールを再開することができなくなります。一時ディスクイメージおよび仮想マシンの削除方法を以下で説明します。
すべてのステップが毎回必要とは限りません。たとえば、システム障害後の復元を実行している場合は、一時仮想マシンを停止する必要はなく、代わりに virsh undefine name コマンドを使用するだけで済みます。また、livemedia-creator で作成した一時ファイルの消去だけが目的であれば、ステップ 4 と 5 を使用することもできます。

手順28.2 一時ゲストおよびディスクイメージファイルを削除する

  1. virsh を使って、システム上で現在使用可能な仮想マシン (ゲスト) をすべて一覧表示します。出力は次のようになります。
    # virsh list --all
    Id    Name                           State
    ----------------------------------------------------
    93    LiveOS-2a198971-ba97-454e-a056-799f453e1bd7 running
    -     RHEL7                      shut off
    
    一時仮想マシンを特定します。名前が常に LiveOS で始まり、ランダムの数字および文字の文字列が続きます。
  2. 一時仮想マシンを特定したら、virsh destroy name コマンドを使ってこれを停止します。name は仮想マシンの名前になります。
    # virsh destroy LiveOS-2a198971-ba97-454e-a056-799f453e1bd7
    Domain LiveOS-2a198971-ba97-454e-a056-799f453e1bd7 destroyed
    
  3. virsh undefine name を使って一時仮想マシンを削除します。name には上記のステップと同じものを使います。
    # virsh undefine LiveOS-2a198971-ba97-454e-a056-799f453e1bd7
    Domain LiveOS-2a198971-ba97-454e-a056-799f453e1bd7 has been undefined
    
  4. 一時ファイルシステムのマウント先を見つけます。/var/tmp/ ディレクトリー配下にあり、ファイル名は lorax.imgutils の後ろに 6 桁のランダムな数字または文字が続いています。
    # findmnt -T /var/tmp/lorax.imgutils*
    TARGET                         SOURCE     FSTYPE  OPTIONS
    /var/tmp/lorax.imgutils.bg6iPJ /dev/loop1 iso9660 ro,relatime
    
    umount コマンドを使ってアンマウントします。
    # umount /var/tmp/lorax.imgutils.bg6iPJ
  5. virt-install によって /var/tmp/ ディレクトリー内に作成された一時ディスクイメージを見つけます。このファイルの名前は、インストールプロセスの開始時にコマンドラインに出力されます、--image-name オプションを使用して名前を指定しない限り、無作為に生成されます。以下に例を示します。
    2013-10-30 09:53:03,161: disk_size = 5GB
    2013-10-30 09:53:03,161: disk_img = /var/tmp/diskQBkzRz.img
    2013-10-30 09:53:03,161: install_log = /home/pbokoc/lorax/virt-install.log
    mount: /dev/loop1 is write-protected, mounting read-only
    
    上記の例では、/var/tmp/diskQBkzRz.img が一時ディスクイメージになります。
    最初のメッセージを見つけられない場合は、手動で一時ファイルを特定できます。ls コマンドを使って /var/tmp/ ディレクトリーのコンテンツを一覧表示し、名前に disk を含むファイルを出力からフィルターします。
    # ls /var/tmp/ | grep disk
    diskQBkzRz.img
    
    その後に一時ディスクイメージを削除します。
    # rm -f /var/tmp/diskQBkzRz.img
この手順のステップをすべて実行すると、virt-install を使って新たなインストールを開始することができます。