Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

27.2.2. キックスタートファイルの維持

27.2.2.1. キックスタートファイルの確認

キックスタートファイルの作成時もしくはカスタマイズ時には、ファイルをインストールで使用する前にその有効性を確認すると便利です。Red Hat Enterprise Linux 7 には、これに使用できる ksvalidator コマンドラインユーティリティーが含まれます。このツールは、pykickstart パッケージに含まれます。このパッケージをインストールするには、root で以下のコマンドを実行します。
# yum install pykickstart
パッケージをインストールしたら、以下のコマンドを使用してキックスタートファイルを検証できます。
$ ksvalidator /path/to/kickstart.ks
/path/to/kickstart.ks は、確認するキックスタートファイルへのパスに置き換えます。
このツールの詳細情報は、ksvalidator(1) man ページを参照してください。
重要
検証ツールには制限があることに留意してください。ksvalidator は、構文の正確性とファイルに推奨されないオプションが含まれていないことを確認しますが、インストールが正常に行われることを保証するものではありません。また、キックスタートファイルの %pre%post および %packages セクションは検証されません。