Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

27.4.2. ユーザー入力の例

以下では、bash を使用してユーザーに入力を要求し、その入力を読み込み変数として保存する例を示します。

例27.10 ユーザー入力の例

%pre
exec < /dev/tty6 > /dev/tty6 2> /dev/tty6
chvt 6
IFS=$'\n'
echo -n "Enter input: "
read USERINPUT
echo
echo -n "You entered:" "$USERINPUT"
echo
chvt 1
exec < /dev/tty1 > /dev/tty1 2> /dev/tty1
%end
キックスタートの作動方法により、スクリプトはユーザー入力を読み込む前に新規の仮想マシンに切り替える必要があります。これは、exec < /dev/tty6 > /dev/tty6 2> /dev/tty6chvt 6 のコマンドで実行されています。read USERINPUT が enter を押すまで入力を読み取り、変数 USERINPUT で保存します。echo -n "You entered:" "$USERINPUT" のコマンドは、You entered: とその後にユーザーが入力した内容を表示します。最後に、chvt 1exec < /dev/tty1 > /dev/tty1 2> /dev/tty1 のコマンドが元の端末に切り替え、キックスタートインストールの続行を可能にします。