Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.3.2. 設定済み DASD の使用

準備済みの DASD から起動して、Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムを参照する zipl ブートメニューエントリーを選択します。コマンドを次の形式で使用します。
cp ipl DASD_device_number loadparm boot_entry_number
DASD_device_number は、起動デバイスのデバイス番号に、boot_entry_number は、このデバイスの zipl 設定メニューに置き換えます。以下に例を示します。
cp ipl eb1c loadparm 0