Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.2.3. レスキューモードでのコンピューターの起動

実際に Red Hat Enterprise Linux をコンピューターにインストールせずに、インストールディスクから Linux システムを起動できます。これにより稼働している Linux システムのユーティリティーおよび機能を使って、すでにインストール済みのオペレーティングシステムの修正や修復を行うことができるようになります。
インストールディスクまたは USB ドライブでレスキューシステムを読み込むには、起動メニューの Troubleshooting サブメニューから Rescue a Red Hat Enterprise Linux system を選択するか、inst.rescue 起動オプションを使用します。
次に表示される画面で、言語、キーボードのレイアウト、ネットワーク設定をレスキューシステム用に指定します。最後のセットアップ画面では、コンピューター上の既存システムへのアクセスを設定します。
デフォルトでは、既存のオペレーティングシステムはレスキューシステムの /mnt/sysimage/ ディレクトリー配下に配置されます。
レスキューモードおよびその他のメンテナンスモードの詳細は、32章基本的なシステムの復元 を参照してください。