Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

28.6. Composer のブループリントの作成

ブループリントを作成する手順を以下に示します。

重要

Composer はテクノロジープレビューとして利用可能です。詳細については、「テクノロジプレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。
Composer をデプロイしているお客様は、是非 Red Hat にフィードバックをお寄せください。

前提条件

  • ブラウザーで Composer の Cockpit インターフェースを表示している

手順

  1. 右上隅の ブループリントの作成 をクリックします。
    ポップアップにブループリント名および説明のフィールドが表示されます。
  2. ブループリントの名前およびその説明を入力し、続いて 作成 をクリックします。
    画面がブループリントの編集モードに切り替わります。
  3. システムイメージに含めるコンポーネントを追加します。
    1. 左側で、利用可能なコンポーネント の見出しの下にあるフィールドにコンポーネント名またはその一部を入力し、Enter を押します。
      検索条件がテキスト入力フィールドの下のフィルターリストに追加され、その下のコンポーネントのリストが検索条件と一致するものに減ります。
      コンポーネントのリストが長すぎる場合には、同じ要領でさらに検索の用語を追加します。
    2. コンポーネントのリストは、1 ページずつ表示されます。別の結果のページに移動するには、コンポーネントリストの上にある矢印および入力フィールドを使用します。
    3. 使用するコンポーネントの名前をクリックし、その詳細を表示します。右側のペインに、コンポーネントの詳細 (バージョンや依存関係など) が表示されます。
    4. コンポーネントのオプション ボックスの バージョンリリース ドロップダウンメニューを使用して、使用するバージョンを選択します。
    5. 左上の 追加 をクリックします。
    6. 誤ってコンポーネントを追加してしまった場合には、右側のペインでそのエントリー右端の ボタンをクリックし、メニューで 削除 を選択してそのコンポーネントを削除します。

    注記

    コンポーネントのバージョンを選択しない場合には、コンポーネントリストの右側の + ボタンをクリックし、コンポーネントの詳細画面およびバージョンの選択をスキップすることができます。
  4. ブループリントを保存するには、左上の コミット をクリックします。変更の概要に関するダイアログがポップアップとして表示されます。コミット をクリックします。
    右側の小さなポップアップに保存の進捗が表示され、続いて結果が表示されます。
  5. 左上の ブループリントに戻る をクリックし、編集画面を終了します。
    Composer ビューが表示され、既存ブループリントの一覧が表示されます。