3.4. Image Builder コマンドラインインターフェースでシステムイメージの作成

この手順は、コマンドラインインターフェースで既存の Image Builder の Blueprint を編集する方法を説明します。

前提条件

  • イメージに Blueprint を用意している。

手順

1.Compose を起動します。
# composer-cli compose start BLUEPRINT-NAME IMAGE-TYPE
BLUEPRINT-NAME を、Blueprint の名前に置き換え、IMAGE-TYPE を、イメージのタイプに置き換えます。設定できる値は、composer-cli compose types コマンドの出力を参照してください。
Compose プロセスはバックグラウンドで開始し、Compose の UUID が表示されます。
2.Compose が完成するまで待ちます。完了には数分かかる場合があります。
Compose のステータスを確認するには、以下のコマンドを実行します。
# composer-cli compose status
Compose が完了すると、ステータスが FINISHED となります。リスト内の Compose をその UUID で識別します。
3.Compose が完了したら、作成されたイメージファイルをダウンロードします。
# composer-cli compose image UUID
UUID を、前の手順で示した UUID 値に置き換えます。
または、/var/lib/lorax/composer/results/UUID/ のパスの配下にあるイメージファイルに直接アクセスできます。
composer-cli compose logs UUID コマンドを使用してログを、composer-cli compose metadata UUID コマンドを使用してメタデータをダウンロードすることも可能です。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。