3.2. コマンドラインインターフェースで Image Builder の Blueprint の作成

この手順では、コマンドラインインターフェースを使用して Image Builder の Blueprint を新たに作成する方法を説明します。

手順

1.以下の内容で平文テキストファイルを作成します。
name = "BLUEPRINT-NAME"
description = "LONGER BLUEPRINT DESCRIPTION TEXT"
version = "0.0.1"
BLUEPRINT-NAME および LONGER BLUEPRINT DESCRIPTION は、ブループリントの名前と説明に置き換えます。
0.0.1 は、Semantic Versioning スキームに従って、バージョン番号に置き換えます。
2.Blueprint に含まれるすべてのパッケージに、次の行をファイルに追加します。
[[packages]]
name = "package-name"
version = "package-version"
package-name は、パッケージ名 (httpdgdb-doccoreutils など) に置き換えます。
package-version は使用するバージョンに置き換えます。このフィールドは、dnf バージョンの指定に対応します。
  • 特定のバージョンを指定する場合は、7.30 のように、バージョン番号を正確に指定してください。
  • 利用可能な最新バージョンを指定する場合は、アスタリスク (*) を使用します。
  • 最新のマイナーバージョンを指定する場合の形式は、7.* のようになります。
3.Blueprints は、さまざまな方法でカスタマイズできます。たとえば、同時マルチスレッド (SMT) は以下の手順で無効にできます。その他に利用できるカスタマイズは、「 サポートされているイメージのカスタマイズ 」セクションを参照してください。
[customizations.kernel]
append = "nosmt=force"
4.BLUEPRINT-NAME.toml としてファイルを保存し、テキストエディターを閉じます。
5.Blueprint をプッシュ (インポート) します。
# composer-cli blueprints push BLUEPRINT-NAME.toml
BLUEPRINT-NAME を、前の手順で使用した値に置き換えます。
6.Blueprint がプッシュされ存在していることを確認するには、既存の Blueprint を一覧表示します。
# composer-cli blueprints list
7.Blueprint に一覧表示されているコンポーネントおよびバージョンと、その依存関係が有効かどうかを確認します。
# composer-cli blueprints depsolve BLUEPRINT-NAME

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。