5.4. QCOW2 イメージの OpenStack へのアップロード

Image Builder は、OpenStack クラウドデプロイメントにアップロードし、そこでインスタンスを起動するのに適したイメージを生成できます。ここでは、QCOW2 イメージを OpenStack にアップロードする手順を説明します。

前提条件

  • Image Builder で OpenStack 固有のイメージを作成している。イメージの作成時に、CLI で openstack 出力タイプ、GUI で OpenStack Image (.qcow2) を使用します。
警告
また、Image Builder は、汎用 QCOW2 イメージタイプの出力を、qcow2 または QEMU QCOW2 Image (.qcow2) として提供します。これは、QCOW2 形式にある OpenStack イメージタイプとは異なります。OpenStack に固有の変更が含まれています。

手順

1.イメージを OpenStack にアップロードして、そこからインスタンスを起動します。これを行うには Images インターフェースを使用します。

図5.5 仮想化のタイプ

仮想化のタイプ
2.そのイメージでインスタンスを起動します。

図5.6 仮想化のタイプ

仮想化のタイプ
3.CLI または OpenStack Web UI を使用して、スナップショットからインスタンスを実行できます。秘密鍵を使用して、SSH 経由で、作成されたインスタンスにアクセスします。cloud-user としてログインします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。