第5章 Image Builder を使用したクラウドイメージのデプロイメント

Image Builder を使用して、さまざまなプロバイダーのクラウドで使用できるようにカスタムのシステムイメージを作成できます。カスタマイズした RHEL システムイメージをクラウドで使用するには、各出力タイプを使用して Image Builder でシステムイメージを作成し、イメージをアップロードするようにシステムを設定し、クラウドアカウントへイメージをアップロードします。

5.1. アップロードする AWS AMI イメージの準備

本セクションでは、AWS AMI イメージをアップロードするようにシステムを設定する手順を説明します。

前提条件

手順

1.Python 3 および pip ツールをインストールします。
# yum install python3 python3-pip
2.pip で AWS コマンドラインツールをインストールします。
# pip3 install awscli
3.AWS アクセスの詳細に従って、AWS コマンドラインクライアントを設定します。
$ aws configure AWS Access Key ID [None]: AWS Secret Access Key [None]: Default region name [None]: Default output format [None]:
4.バケットを使用するように、AWS コマンドラインクライアントを設定します。
$ BUCKET=bucketname
$ aws s3 mb s3://$BUCKET
bucketname を、バケット名に置き換えます。
5.IAM に vmimport S3 Role を作成し、これまでに S3 にアクセスする権限を付与していない場合は、それを行います。
$ printf '{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Principal": { "Service": "vmie.amazonaws.com" }, "Action": "sts:AssumeRole", "Condition": { "StringEquals":{ "sts:Externalid": "vmimport" } } } ] }' > trust-policy.json $ printf '{ "Version":"2012-10-17", "Statement":[ { "Effect":"Allow", "Action":[ "s3:GetBucketLocation", "s3:GetObject", "s3:ListBucket" ], "Resource":[ "arn:aws:s3:::%s", "arn:aws:s3:::%s/*" ] }, { "Effect":"Allow", "Action":[ "ec2:ModifySnapshotAttribute", "ec2:CopySnapshot", "ec2:RegisterImage", "ec2:Describe*" ], "Resource":"*" } ] }' $BUCKET $BUCKET > role-policy.json $ aws iam create-role --role-name vmimport --assume-role-policy-document file://trust-policy.json $ aws iam put-role-policy --role-name vmimport --policy-name vmimport --policy-document file://role-policy.json

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。