第3章 Image Builder コマンドラインインターフェースでシステムイメージの作成

Image Builder は、カスタムのシステムイメージを作成するツールです。Image Builder を制御してカスタムシステムイメージを作成する場合は、現在 Image Builder を使用する方法として推奨されているコマンドラインインターフェースを使用します。

3.1. Image Builder コマンドラインインターフェース

Image Builder コマンドラインインターフェースは、現在 Image Builder を使用するのに推奨される方法です。4章 Image Builder Web コンソールインターフェースでシステムイメージの作成 よりも多くの機能を提供します。このインターフェースを使用するには、composer-cli ツールに、適切なオプションとサブコマンドを付けて実行します。
コマンドラインインターフェースのワークフローの概要は次のようになります。
1.平文テキストファイルに Blueprint 定義をエクスポート (保存) する。
2.テキストエディターでこのファイルを編集する。
3.Image Builder で Blueprint のテキストファイルをインポート (プッシュ) する。
4.compose を実行して、Blueprint からイメージを構築する。
5.イメージファイルをエクスポートして、ダウンロードする。
この手順を実行する基本的なサブコマンドとは別に、composer-cli ツールには、設定した Blueprint と Compose の状態を調べるサブコマンドが多数あります。
root 以外のユーザーが composer-cli コマンドを実行するには、ユーザーが weldr または root groups に所属している必要があります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。