Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.4.5. スタンバイモード

以下のコマンドは、指定ノードをスタンバイモードにします。指定ノードはリソースのホストが行えなくなります。ノードで現在アクティブなリソースは、すべて別のノードに移行されます。--all を指定すると、このコマンドはすべてのノードをスタンバイモードにします。
リソースのパッケージを更新する場合にこのコマンドを使用します。また、設定をテストして、ノードを実際にシャットダウンせずに復元のシュミレーションを行う場合にも、このコマンドを使用できます。
pcs cluster standby node | --all
次のコマンドは、指定したノードをスタンバイモードから外します。このコマンドを実行すると、指定ノードはリソースをホストできるようになります。--all を指定すると、このコマンドはすべてのノードをスタンバイモードから外します。
pcs cluster unstandby node | --all
pcs cluster standby コマンドを実行すると、指定したノードでのリソースの実行が阻止されます。pcs cluster unstandby コマンドを実行すると、指定したノードでのリソースの実行が可能になります。このコマンドを実行しても、リソースが必ずしも指定のノードに戻る訳ではありません。その時点でリソースが実行できる場所は、リソースを最初に設定した方法によって異なります。リソース制約の詳細は、7章リソースの制約 を参照してください。