Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.2.3. 順序付けされたリソースセット

一般的な状況は、管理者が順序付けられたリソースのチェーンを作成することです。たとえば、リソース A は、リソース C の前に起動するリソース B の前に起動します。構成でコロケートされたリソースのセットを作成し、起動する必要がある場合は、「リソースグループ」 で説明されているように、このようなリソースが含まれるリソースグループを設定できます。ただし、特定の順序で起動する必要があるリソースをリソースグループとして設定することが適切ではない場合があります。
  • リソースを順番に起動するように設定する必要があるものの、リソースは必ずしも同じ場所に配置しない場合
  • リソース C の前にリソース A または B のいずれかが起動する必要があるものの、A と B の間には関係が設定されていない場合
  • リソース C およびリソース D の前にリソース A およびリソース B の両方が起動している必要があるものの、A と B、または C と D の間には関係が設定されていない場合
このような状況では、pcs constraint order set コマンドを使用して、リソースの 1 つまたは複数のセットに対して順序の制約を作成できます。
pcs constraint order set コマンドを使用すると、以下のオプションをリソースのセットに設定できます。
  • sequential - リソースセットに順序を付ける必要があるかどうかを指定します。true または false に設定できます。
    sequentialfalse に設定すると、セットのメンバーに順序を設定せず、順序の制約にあるセット間で順序付けできます。そのため、このオプションは、制約に複数のセットが登録されている場合に限り有効です。それ以外の場合は、制約を設定しても効果がありません。
  • require-all - 続行する前にセットの全リソースがアクティブである必要があるかどうかを指定します。true または false に設定できます。require-allfalse に設定すると、次のセットに進む前に、セットの 1 つのリソースのみを開始する必要があります。require-allfalse に設定しても、sequentialfalse に設定されている順序なしセットと併用しない限り、効果はありません。
  • action: 表7.3「順序の制約のプロパティー」 で説明されているように、startpromotedemote、または stop に設定できます。
pcs constraint order set コマンドの setoptions パラメーターの後に、リソースのセットに対する以下の制約オプションを設定できます。
pcs constraint order set resource1 resource2 [resourceN]... [options] [set resourceX resourceY ... [options]] [setoptions [constraint_options]]
D1D2D3 という 3 つのリソースがある場合は、次のコマンドを実行すると、この 3 つのリソースを、順序を指定したリソースセットとして設定します。
# pcs constraint order set D1 D2 D3