Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.6.2. グローバルリソース操作のデフォルトの設定

次のコマンドを使用して、監視操作のグローバルデフォルト値を設定できます。
pcs resource op defaults [options]
たとえば、次のコマンドは、すべての監視操作に対して、timeout 値のグローバルデフォルトを 240 秒に設定します。
# pcs resource op defaults timeout=240s
モニタリング操作の現在設定されているデフォルト値を表示するには、pcs resource op defaults コマンドをオプションを指定せずに実行します。
たとえば、以下のコマンドを実行すると、クラスター監視操作のデフォルト値を表示します。この例では、timeout 値が 240 秒に設定されています。
# pcs resource op defaults
timeout: 240s
クラスターリソース定義でオプションが指定されていない場合に限り、クラスターリソースがグローバルデフォルトを使用することに注意してください。デフォルトでは、リソースエージェントがすべての操作の timeout オプションを定義します。グローバル操作のタイムアウト値を有効にするには、timeout オプションを明示的に指定せずにクラスターリソースを作成するか、次のコマンドのように、クラスターリソースを更新して timeout オプションを削除する必要があります。
# pcs resource update VirtualIP op monitor interval=10s
たとえば、すべての監視操作に、グローバルデフォルトの timeout 値 240 秒を設定し、クラスターリソース VirtualIP を更新して、monitor 操作のタイムアウト値を削除すると、リソース VirtualIP には、startstop、および monitor の操作のタイムアウト値が、それぞれ 20 秒、40 秒、240 秒に設定されます。タイムアウト操作のグローバルなデフォルト値は、ここでは monitor にのみ適用されます。ここでは、前のコマンドにより、デフォルトの timeout オプションが削除されています。
# pcs resource show VirtualIP
 Resource: VirtualIP (class=ocf provider=heartbeat type=IPaddr2)
   Attributes: ip=192.168.0.99 cidr_netmask=24 nic=eth2
   Operations: start interval=0s timeout=20s (VirtualIP-start-timeout-20s)
               monitor interval=10s (VirtualIP-monitor-interval-10s)
               stop interval=0s timeout=40s (VirtualIP-name-stop-interval-0s-timeout-40s)