Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.11.3. GRUB 2 ファイルでの ACPI の完全な無効化

ACPI Soft-Off は、カーネルの GRUB メニューエントリーに acpi=off を追加して無効にできます。
重要
この方法は、ACPI を完全に無効にします。コンピューターの中には、ACPI が完全が無効になってるとシステムが正しく起動しないものもあります。お使いのクラスターに適した方法が他にない場合に 限り、この方法を使用してください。
以下の手順で、GRUB 2 ファイルで ACPI を無効にします。
  1. 以下のように、grubby ツールで、--args オプションと --update-kernel オプションを使用して、各クラスターノードの grub.cfg ファイルを変更します。
    # grubby --args=acpi=off --update-kernel=ALL
    GRUB 2 の概要は、 『システム管理者のガイド』「GRUB 2 での作業」を参照してください。
  2. ノードを再起動します。
  3. ノードがフェンシングされるとすぐにオフになることを確認します。フェンスデバイスのテスト方法は、「フェンスデバイスのテスト」 を参照してください。