8.5. モニター操作の無効化

モニタリングが再実行されないようにする最も簡単な方法はモニタリングを削除することです。しかし、場合によっては一時的に無効にしたいときがあります。このような場合は、pcs resource update コマンドで enabled="false" を操作の定義に追加します。モニタリング操作を再度有効にするには、enabled="true" を操作の定義に設定します。
pcs resource update コマンドでリソースの操作を更新すると、具体的に呼び出されていないオプションは、デフォルト値にリセットされます。たとえば、モニタリング操作のタイムアウト値をカスタムの 600 に設定してある場合に以下のコマンドを使用すると、タイムアウト値がデフォルト値の 20 (または、pcs resource ops default コマンドでデフォルト値を設定された任意の値) にリセットされます。
# pcs resource update resourceXZY op monitor enabled=false
# pcs resource update resourceXZY op monitor enabled=true
このオプションに当初の値である 600 を維持させるには、以下の例のように、モニタリング操作を再度有効にするときにその値を指定する必要があります。
# pcs resource update resourceXZY op monitor timeout=600 enabled=true

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。