5.8. その他のフェンス設定オプション

フェンスデバイスに設定できるその他のプロパティは 表5.2「フェンスデバイスの高度なプロパティ」 にまとめられています。これらのオプションは高度な設定を行う場合にのみ使用されます。

表5.2 フェンスデバイスの高度なプロパティ

フィールドタイプデフォルト説明
pcmk_host_argument文字列portポートの代わりに提供する代替のパラメーターです。デバイスによっては、標準のポートパラメーターをサポートしなかったり、追加のパラメーターを提供することがあります。このパラメーターを使用して、フェンスするマシンを示すデバイス固有の代替パラメーターを指定します。クラスターが追加のパラメーターを提供しないようにするには、 none を値として使用します。
pcmk_reboot_action文字列rebootreboot の代わりに実行する代替のコマンドです。標準的なコマンドに対応していないデバイスや別のコマンドを提供しているデバイスがあります。このような場合、このパラメーターを使って再起動の動作を実行するデバイス固有の代替コマンドを指定します。
pcmk_reboot_timeout時間60sstonith-timeout の代わりに再起動の動作に対して使用する代替タイムアウトです。再起動が完了するまでに通常より長い時間を要するデバイスもあれば通常より短い時間で完了するデバイスもあります。再起動の動作に対してデバイス固有の代替タイムアウトを指定する場合に使用します。
pcmk_reboot_retries整数2タイムアウト期間内で reboot コマンドを再試行させる最大回数です。複数接続に対応していないデバイスがあります。別のタスクでビジー状態になるとデバイスが動作に失敗する場合があるため、Pacemaker は残り時間内で動作を自動的に再試行させます。Pacemaker による再起動の動作の再試行回数を変更する場合に使用します。
pcmk_off_action文字列オフoff の代わりに実行する代替コマンドです。標準的なコマンドに対応していないデバイスや別のコマンドを提供しているデバイスがあります。このような場合、このパラメーターを使ってオフの動作を実行するデバイス固有の代替コマンドを指定します。
pcmk_off_timeout時間60sstonith-timeout の代わりにオフの動作に対して使用する代替タイムアウトです。オフに通常より長い時間を要するデバイスもあれば通常より短い時間でオフするデバイスもあります。オフの動作に対してデバイス固有の代替タイムアウトを指定する場合に使用します。
pcmk_off_retries整数2タイムアウト期間内で off コマンドを再試行させる最大回数です。複数接続に対応していないデバイスがあります。別のタスクでビジー状態になるとデバイスが動作に失敗する場合があるため、Pacemaker は残り時間内で動作を自動的に再試行させます。Pacemaker によるオフ動作の再試行回数を変更する場合に使用します。
pcmk_list_action文字列listlist の代わりに実行する代替のコマンドです。標準的なコマンドに対応していないデバイスや別のコマンドを提供しているデバイスがあります。このような場合、このパラメーターを使って list の動作を実行するデバイス固有の代替コマンドを指定します。
pcmk_list_timeout時間60sstonith-timeout の代わりに list の動作に対して使用する代替タイムアウトです。list の完了に通常より長い時間を要するデバイスもあれば通常より短い時間で list するデバイスもあります。list の動作に対してデバイス固有の代替タイムアウトを指定する場合に使用します。
pcmk_list_retries整数2タイムアウト期間内で list コマンドを再試行させる最大回数です。複数接続に対応していないデバイスがあります。別のタスクでビジー状態になるとデバイスが動作に失敗する場合があるため、Pacemaker は残り時間内で動作を自動的に再試行させます。Pacemaker による list 動作の再試行回数を変更する場合に使用します。
pcmk_monitor_action文字列monitormonitor の代わりに実行する代替のコマンドです。標準的なコマンドに対応していないデバイスや別のコマンドを提供しているデバイスがあります。このような場合、このパラメーターを使ってモニタリングの動作を実行するデバイス固有の代替コマンドを指定します。
pcmk_monitor_timeout時間60sstonith-timeout の代わりにモニターの動作に対して使用する代替タイムアウトです。モニターに通常より長い時間を要するデバイスもあれば通常より短い時間でオフするデバイスもあります。モニターの動作に対してデバイス固有の代替タイムアウトを指定する場合に使用します。
pcmk_monitor_retries整数2タイムアウト期間内で monitor コマンドを再試行させる最大回数です。複数接続に対応していないデバイスがあります。別のタスクでビジー状態になるとデバイスが動作に失敗する場合があるため、Pacemaker は残り時間内で動作を自動的に再試行させます。Pacemaker によるモニター動作の再試行回数を変更する場合に使用します。
pcmk_status_action文字列statusstatus の代わりに実行する代替のコマンドです。標準的なコマンドに対応していないデバイスや別のコマンドを提供しているデバイスがあります。このような場合、このパラメーターを使って status の動作を実行するデバイス固有の代替コマンドを指定します。
pcmk_status_timeout時間60sstonith-timeout の代わりに status の動作に対して使用する代替タイムアウトです。status に通常より長い時間を要するデバイスもあれば通常より短い時間でオフするデバイスもあります。status の動作に対してデバイス固有の代替タイムアウトを指定する場合に使用します。
pcmk_status_retries整数2タイムアウト期間内に、status コマンドを再試行する回数の上限です。デバイスによっては、複数接続に対応しておらず、別のタスクでビジー状態になるとデバイスが操作に失敗する場合があるため、タイムアウトに達していなければ、Pacemaker が操作を自動的に再試行します。このオプションは、Pacemaker による status 操作の再試行回数を変更する場合に使用します。
pcmk_delay_base時間0sstonith 操作のベース遅延を有効にし、ベース遅延の値を指定します。これにより、複数の異なる遅延がノードに設定されている場合に、ダブルフェンシングが発生しなくなります。このオプションを使用して、stonith 操作の静的な遅延を有効にします。全体の遅延は、合計が最大遅延を下回るように、ランダムな遅延値に静的遅延を加算します。
pcmk_delay_max時間0sstonith 動作のランダムな遅延を有効にし、ランダムな遅延の最大値を指定します。これにより、SBD などの低速デバイスを使用している場合に、ダブルフェンシングが発生しなくなります。このオプションを使用して、stonith 操作のランダムな遅延を有効にします。全体の遅延は、合計が最大遅延を下回るように、このランダムな遅延値に静的遅延を加算します。
pcmk_action_limit整数1このデバイスで並行して実行できる操作の上限です。最初に、クラスタープロパティの concurrent-fencing=true を設定する必要があります。値を -1 にすると無制限になります。
pcmk_on_action文字列on高度な使用 - on の代替コマンドです。デバイスによっては、標準コマンドに対応していない場合や、そのデバイス固有のパラメーターも提供している場合があります。このような場合は、このパラメーターを使用して、on 操作を実行するデバイス固有のコマンドを指定します。
pcmk_on_timeout時間60s高度な使用 - stonith-timeout の代替コマンドで、on 操作にタイムアウトを指定します。デバイスにより、この操作が完了するのにかかる時間が通常より長く、または短くなります。このパラメーターを使用して、on 操作にデバイス固有のタイムアウトを指定します。
pcmk_on_retries整数2高度な使用 - タイムアウト期間内に、on コマンドを再試行する回数の上限です。デバイスによっては、複数接続に対応しておらず、別のタスクでビジー状態になるとデバイス操作がエラーする場合があるため、タイムアウトに達していなければ、Pacemaker が操作を自動的に再試行します。このオプションは、Pacemaker による on 操作の再試行回数を変更する場合に使用します。