Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.4.5. 設定の概要: KVM ゲストノード

本セクションでは、libvirt と KVM 仮想ゲストを使用して、Pacemaker で仮想マシンを起動し、そのマシンをゲストノードとして統合する方法の概要を説明します。
  1. 「リソースとしての仮想ドメインの設定」 の説明に従って、VirtualDomain リソースを設定します。
  2. Red Hat Enterprise Linux 7.3 以前を使用しているシステムでは、以下の手順に従って、すべてのクラスターノードと仮想マシン上で、パス /etc/pacemaker/authkey で同じ暗号化キーを配置します。これにより、リモート通信や認証を保護することができます。
    1. 以下の一連のコマンドをすべてのノードで実行し、安全なパーミッションの authkey ディレクトリを作成します。
      # mkdir -p --mode=0750 /etc/pacemaker
      # chgrp haclient /etc/pacemaker
    2. 以下のコマンドは、暗号化キーを作成する方法の 1 つを示しています。キーは 1 度だけ作成し、すべてのノードにコピーする必要があります。
      # dd if=/dev/urandom of=/etc/pacemaker/authkey bs=4096 count=1
  3. Red Hat Enterprise Linux 7.4 では、すべての仮想マシンで以下のコマンドを実行し、 pacemaker_remote パッケージをインストールし、pcsd サービスを起動し、これを起動時に実行できるようにし、ファイアウォールを介して TCP のポート 3121 を許可します。
    # yum install pacemaker-remote resource-agents pcs
    # systemctl start pcsd.service
    # systemctl enable pcsd.service
    # firewall-cmd --add-port 3121/tcp --permanent
    # firewall-cmd --add-port 2224/tcp --permanent
    # firewall-cmd --reload
    Red Hat Enterprise Linux 7.3 以前では、すべての仮想マシンで以下のコマンドを実行し、 pacemaker_remote パッケージをインストールして、pacemaker_remote サービスを起動し、これを起動時に実行できるようにして、ファイアウォールを介して TCP のポート 3121 を許可します。
    # yum install pacemaker-remote resource-agents pcs
    # systemctl start pacemaker_remote.service
    # systemctl enable pacemaker_remote.service
    # firewall-cmd --add-port 3121/tcp --permanent
    # firewall-cmd --add-port 2224/tcp --permanent
    # firewall-cmd --reload
  4. 各仮想マシンに、すべてのノードが認識できる静的ネットワークアドレスと一意なホスト名を割り当てます。ゲスト仮想マシンに静的 IP アドレスを設定する方法については、『仮想化の導入および管理ガイド』を参照してください。
  5. Red Hat Enterprise Linux 7.4 以降では、以下のコマンドを使用して、既存の VirtualDomain リソースをゲストノードに変換します。このコマンドは、追加するゲストノードではなく、クラスターノードで実行する必要があります。リソースを変換する以外にも、このコマンドは /etc/pacemaker/authkey をゲストノードにコピーし、ゲストノードで pacemaker_remote デーモンを起動し、これを有効にします。
    pcs cluster node add-guest hostname resource_id [options]
    
    Red Hat Linux 7.3 以前では、以下のコマンドを使用して既存の VirtualDomain リソースをゲストノードに変換します。このコマンドは、追加するゲストノードではなく、クラスターノードで実行する必要があります。
    pcs cluster remote-node add hostname resource_id [options]
    
  6. VirtualDomain リソースの作成後は、クラスターの他のノードと同じように、ゲストノードを扱うことができます。たとえば、クラスターノードから実行される次のコマンドのように、リソースを作成し、リソースにリソース制約を設定してゲストノードで実行できます。Red Hat Enterprise Linux 7.3 時点では、ゲストノードをグループで含むことができ、ストレージデバイス、ファイルシステム、および VM をグループ化できます。
    # pcs resource create webserver apache configfile=/etc/httpd/conf/httpd.conf op monitor interval=30s
    # pcs constraint location webserver prefers guest1