Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.2. High Availability アドオンの紹介

High Availability アドオンは、パフォーマンス、高可用性、負荷分散、スケーラビリティー、ファイル共有、コスト効率などの各種ニーズに適した設定で導入できるソフトウェアコンポーネントの統合セットです。
High Availability アドオンは、以下の主要なコンポーネントから構成されています。
  • クラスターインフラストラクチャー: クラスターとして連携するようにノード群に基本的な機能 (設定ファイル管理、メンバーシップ管理、ロック管理、およびフェンシング) を提供します。
  • 高可用性サービス管理: 1 つのノードが操作不能になった場合にそのクラスターノードから別のクラスターノードへのサービスのフェイルオーバーを提供します。
  • クラスター管理ツール: High Availability アドオンのセットアップ、設定、および管理を行うための設定および管理ツール。これらのツールは、クラスターインフラストラクチャーのコンポーネント、高可用性とサービス管理のコンポーネント、およびストレージで使用します。
以下のコンポーネントで、High Availability アドオンを補足することができます。
  • Red Hat GFS2 (Global File System 2): Resilient Storage アドオンの一部で、High Availability アドオンと共に使用するためのクラスターファイルシステムを提供します。GFS2 を使用することにより、複数のノードがブロックレベルでストレージを共有でき、ストレージが各クラスターノードにローカルで接続されているようになります。GFS2 のクラスターファイルシステムにはクラスターインフラストラクチャーが必要です。
  • CLVM (Cluster Logical Volume Manager): Resilient Storage アドオンの一部で、クラスターストレージのボリューム管理を提供します。CLVM のサポートにもクラスターインフラストラクチャーが必要です。
  • Load Balancer アドオン: レイヤー 4 (TCP) およびレイヤー 7 (HTTP および HTTPS) サービスで高可用性負荷分散とフェイルオーバーを提供するルーティングソフトウェアです。Load Balancer アドオンは、負荷アルゴリズムを使用してクライアント要求を実サーバーに分散する冗長な仮想ルーターのクラスターで実行され、全体で仮想サーバーとして機能します。