3.4. リソースの制約

クラスター内のリソースの動作は、リソースの制約を設定することにより決定できます。設定できる制約のカテゴリーは以下のとおりです。
  • 場所の制約: 場所の制約により、リソースを実行できるノードが決定されます。
  • 順序の制約: 順序の制約により、リソースが実行される順序が決定されます。
  • コロケーションの制約: コロケーションの制約により、他のリソースに対して相対的なリソースの配置先が決定されます。
一連のリソースを一緒に配置し、順番に起動し、逆順で停止する複数の制約を設定するために、Pacemaker ではリソースグループという概念がサポートされます。