1.4. Pacemaker アーキテクチャーコンポーネント

Pacemaker で設定されたクラスターは、クラスターメンバーシップを監視する個別のコンポーネントデーモン、サービスを管理するスクリプト、および異なるリソースを監視するリソース管理サブシステムから構成されます。Pacemaker アーキテクチャーを形成するコンポーネントは以下のとおりです。
Cluster Information Base (CIB)
XML を内部的に使用して Designated Coordinator (DC) (CIB を介してクラスター状態とアクションを格納および分散するために Pacemaker によって割り当てられたノード) から他のすべてのクラスターノードに対して現在の設定とステータス情報を分散し、同期する Pacemaker 情報デーモン。
Cluster Resource Management Daemon (CRMd)
Pacemaker クラスターリソースアクションは、このデーモンを介してルーティングされます。CRMd により管理されたリソースは、必要に応じてクライアントシステムによって問い合わせたり、移動したり、インスタンス化したり、変更したりできます。
各クラスターノードには、CRMd とリソース間のインターフェースとして動作する Local Resource Manager daemon (LRMd) も含まれます。LRMd は、起動、停止、ステータス情報のリレーなどのコマンドを CRMd からエージェントに渡します。
Shoot the Other Node in the Head (STONITH)
多くの場合、電源スイッチとともにデプロイされる STONITH は、フェンス要求を処理する Pacemaker のクラスターリソースとして動作し、強制的にノードの電源をオフにし、クラスターからノードを削除してデータの整合性を確保します。STONITH は CIB で設定され、通常のクラスターリソースとして監視できます。
corosync
corosync は、コアメンバーシップと、高可用性クラスターのメンバー間の通信ニーズに対応するコンポーネントで、デーモンも同じ名前です。これは、High Availability Add-On が機能するのに必要です。
corosync は、これらのメンバーシップとメッセージング機能のほかに、以下も実行します。
  • クォーラムのルールおよび決定を管理します。
  • クラスターの複数のメンバー間の調整機能、またはメンバー間で動作するメッセージング機能を提供します。そのため、インスタンス間で、ステートフルな情報またはその他の情報を通信できる必要があります。