2.2. フェンシングの概要

クラスターシステムでは、多くのノードが複数の重要な実稼働データを処理している場合があります。また、負荷が高いマルチノードクラスターのノードが不安定または利用不可になり管理者が対応を迫られることがあります。不安定なクラスターノードにより引き起こされた問題は、フェンシング ポリシーを確立することにより緩和できます。
フェンシングとは、クラスターの共有ストレージからノードを切断することを指します。フェンシングによって共有ストレージからの I/O が遮断され、データの整合性が確保されます。クラスターのインフラストラクチャーでは、STONITH 機能を使用してフェンシングが実行されます。
Pacemaker はノードで障害が発生していることを検出した場合、そのことを他のクラスターインフラストラクチャーコンポーネントに通知します。障害の通知時に、STONITH によって、障害が発生しているノードが切断されます。また、他のクラスターインフラストラクチャーコンポーネントにより、行うべき操作 (必要な復元の実行を含む) が決定されます。たとえば、ノード障害の通知時に、DLM または GFS2 では、STONITH が障害が発生したノードのフェンシングを完了するのを検出するまでアクティビティーが中断されます。障害が発生したノードのフェンシングが確認されると、DLM および GFS2 によって復元が実行されます。DLM の場合は障害が発生したノードのロックが解除され、GFS2 の場合は障害が発生したノードのジャーナルが復元されます。
STONITH を使用したノードレベルのフェンシングは、以下のものを含むさまざまなサポート対象フェンスデバイスで設定できます。
  • 無停電電源装置 (UPS): 電源障害時にデバイスのフェンシングを行うために使用できるバッテリー内蔵デバイス
  • Power Distribution Unit (PDU): クリーンな配電、フェンシング、および電源分離サービスのためにデータセンターで使用される、電源コンセントが複数あるデバイス
  • ブレード電源管理デバイス: 障害発生時にクラスターノードのフェンシングを行うよう設定された、データセンターの専用システム
  • Lights-Out デバイス: 管理者がローカルまたはリモートでクラスターノードの可用性を管理し、フェンシング、電源オン/オフ、および他のサービスを実行できる、ネットワークに接続されたデバイス