Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第1章 High Availability アドオンの概要

High Availability アドオンは、基幹実稼働サービスへ信頼性、スケーラビリティーおよび可用性を提供するクラスター化されたシステムです。以下のセクションでは、High Availability アドオンのコンポーネントおよび機能の概要を説明します。

1.1. クラスターの基礎

クラスターとは連携してタスクを実行する 2 つ以上のコンピュータ (ノードまたはメンバーと呼ばれます) です。クラスターには主に以下の 4 つのタイプがあります。
  • ストレージ
  • 高可用性
  • ロードバランシング
  • ハイパフォーマンス
ストレージクラスターは、クラスター内のすべてのサーバーを対象に一貫性のあるファイルシステムイメージを提供し、サーバー群が同時に単一共有ファイルシステムに対する読み取りおよび書き込みを行えるようにします。ストレージクラスターは、アプリケーションのインストールやパッチ適用を 1 つのファイルシステムに制限することで、ストレージ管理を簡素化します。また、ストレージクラスターではクラスター全体のファイルシステムが使用されるため、アプリケーションデータの冗長コピーが必要なくなり、バックアップと障害回復が簡素化されます。High Availability アドオンは、Red Hat GFS2 (Resilient Storage アドオンの一部) との併用でストレージクラスタリングを提供します。
高可用性クラスターは、単一障害点を排除し、ノードが稼働しなくなった場合にサービスをあるクラスターノードから別のクラスターノードにフェイルオーバーすることにより、可用性が高いサービスを提供します。通常、高可用性クラスター内のサービスは、データの読み取りや書き込みを行います (read-write でマウントされたファイルシステム経由)。したがって、1 つのクラスターノードが別のクラスターノードからサービスの制御を引き継ぐ時点で、高可能性クラスターはデータ整合性を維持する必要があります。高可用性クラスター内のノードの障害は、クラスター外にあるクライアントからは見えません (高可用性クラスターはフェイルオーバークラスターと呼ばれることがあります)。High Availability アドオンは、高可性サービス管理コンポーネントの Pacemaker を介して高可用性クラスタリングを提供します。
負荷分散クラスターは、ネットワークサービス要求を複数のクラスターノードに分散して、クラスターノード間の要求負荷のバランスを取ります。負荷分散は、負荷要件に応じてノード数を調節することができるため、コスト効率の良いスケーラビリティーを提供します。負荷分散クラスター内の 1 つのノードが操作不能になった場合、負荷分散ソフトウェアは障害を検知して、要求を他のクラスターノードにリダイレクトします。負荷分散クラスター内のノードの障害は、クラスター外のクライアントからは見えません。負荷分散は Load Balancer アドオンで使用できます。
ハイパフォーマンスクラスターはクラスターノード群を使用して、同時演算を実行します。ハイパフォーマンスクラスターにより、アプリケーションは並行して稼働することが できるようになるため、アプリケーションのパフォーマンスが向上します (ハイパフォーマンスクラスターは、演算クラスターまたはグリッドコンピューティングとも呼ばれます)。

注記

前述のクラスタータイプは基本的な設定を反映しています。ユーザーのニーズによっては、これらのクラスターの組み合わせが必要になることがあります。
さらに Red Hat Enterprise Linux High Availability アドオンでは、高可用性サーバーの設定および管理のみのサポートが含まれ、ハイパフォーマンスクラスターはサポートされていません