付録A Red Hat Enterprise Linux 6 High Availability アドオンからのアップグレード

この付録では、Red Hat Enterprise Linux High Availability アドオンのリリース 6 からリリース 7 へのアップグレードについて簡単に説明します。

A.1. リリース間での違いの概要

Red Hat Enterprise Linux 7 High Availability アドオンには、高可用性システムのベースとなる新しいテクノロジー群が使用されています。これらのテクノロジーは Pacemaker および Corosync に基づいており、以前のリリースの High Availability アドオンに使用されていた CMAN および RGManager テクノロジーを完全に置き換えています。以下に、2 つのリリース間の違いの一部を示します。リリース間の違いを包括的に確認する場合は、『Red Hat Enterprise Linux High Availability Add-On リファレンス』の付録 A.1「クラスター作成 - rgmanager と Pacemaker」を参照してください。
  • 設定ファイル: 以前は、クラスター設定が /etc/cluster/cluster.conf ファイルにありましたが、リリース 7 のクラスター設定は /etc/corosync/corosync.conf (メンバーシップおよびクォーラム設定の場合) と /var/lib/heartbeat/crm/cib.xml (クラスターノードおよびリソース設定の場合) にあります。
  • 実行可能ファイル: 以前は、クラスターコマンドが ccs (コマンドラインの場合) と luci (グラフィカル設定の場合) にありました。Red Hat Enterprise Linux 7 High Availability アドオンでは、設定は pcs (コマンドラインの場合) と pcsd (デスクトップでの Web UI 設定の場合) で行われます。
  • サービスの起動: 以前は、High Availability アドオンのサービスを含むすべてのサービスが、service コマンド (サービスを起動する) と chkconfig コマンド (システムブート時にサービスを起動するよう設定する) を使用して実行されていました。この場合は、以下のようにすべてのクラスターサービス (rgmanagercman、および ricci) に対して個別に設定を行う必要がありました。
    service rgmanager start
    chkconfig rgmanager on
    Red Hat Enterprise Linux 7 High Availability アドオンでは、以下のように systemctl によって手動による起動とブート時の自動的な起動の両方が制御され、すべてのクラスターサービスが pcsd.service にまとめられます。
    systemctl start pcsd.service 
    systemctl enable pcsd.service 
    pcs cluster start -all
  • ユーザーアクセス: 以前は、root ユーザーまたは適切なパーミッションを持つユーザーが luci 設定インターフェースにアクセスでき、すべてのアクセスでノードの ricci パスワードが必要でした。
    Red Hat Enterprise Linux 7 High Availability アドオンでは、pcsd Web UI で共通のシステムユーザーであるユーザー hacluster として認証する必要があります。root ユーザーは、hacluster のパスワードを設定できます。
  • クラスター、ノード、およびリソースの作成: 以前は、ノードの作成は、ccs (コマンドラインの場合) または luci グラフィカルインターフェースを使用して行われていました。クラスターの作成とノードの追加は異なるプロセスです。たとえば、コマンドラインでクラスターを作成し、ノードを追加するには、以下のコマンドを実行します。
    ccs -h node1.example.com --createcluster examplecluster
    ccs -h node1.example.com --addnode node2.example.com
    Red Hat Enterprise Linux 7 High Availability アドオンでは、クラスター、ノード、およびリソースの追加は、pcs (コマンドラインの場合) または pcsd Web UI を使用して行われます。たとえば、コマンドラインでクラスターを作成するには、以下のコマンドを実行します。
    pcs cluster setup examplecluster node1 node2 ...
  • クラスターの削除: 以前は、管理者が luci インターフェースから手動でノードを削除するか、各ノードの cluster.conf ファイルを削除することによりクラスターを削除していました。
    Red Hat Enterprise Linux 7 High Availability アドオンでは、管理者が pcs cluster destroy コマンドを発行してクラスターを削除できます。