Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.6. リソース設定のテスト

以下の手順を使用するとシステムの設定を検証できます。NFSv3 または NFSv4 のいずれかでエクスポートされたファイルシステムをマウントできるはずです。
  1. デプロイメントと同じネットワークにあるクラスター外部のノードで、NFS 共有をマウントすると NFS 共有が表示されることを確認します。この例では、192.168.122.0/24 ネットワークを使用します。
    # showmount -e 192.168.122.200
    Export list for 192.168.122.200:
    /nfsshare/exports/export1 192.168.122.0/255.255.255.0
    /nfsshare/exports         192.168.122.0/255.255.255.0
    /nfsshare/exports/export2 192.168.122.0/255.255.255.0
  2. NFSv4 で NFS 共有をマウントできることを確認するには、NFS 共有をクライアントノード上のディレクトリーにマウントします。マウントした後、エクスポートディレクトリーの内容が表示されることを確認します。テスト後に共有をアンマウントします。
    # mkdir nfsshare
    # mount -o "vers=4" 192.168.122.200:export1 nfsshare
    # ls nfsshare
    clientdatafile1
    # umount nfsshare
  3. NFSv3 で NFS 共有をマウントできることを確認します。マウント後、テストファイル clientdatafile1 が表示されることを確認します。NFSv4 とは異なり NFSv3 は仮想ファイルシステムを使用しないため、特定のエクスポートをマウントする必要があります。テスト後に共有をアンマウントします。
    # mkdir nfsshare
    # mount -o "vers=3" 192.168.122.200:/nfsshare/exports/export2 nfsshare
    # ls nfsshare
        clientdatafile2
    # umount nfsshare
  4. フェイルオーバーをテストするには、以下の手順を実行します。
    1. クラスター外部のノードに NFS 共有をマウントし、「NFS 共有の設定」 で作成した clientdatafile1 にアクセスできることを確認します。
      # mkdir nfsshare
      # mount -o "vers=4" 192.168.122.200:export1 nfsshare
      # ls nfsshare
      clientdatafile1
    2. クラスター内のノードより、nfsgroup を実行しているノードを判断します。この例では、nfsgroupz1.example.com で実行されています。
      [root@z1 ~]# pcs status
      ...
      Full list of resources:
       myapc  (stonith:fence_apc_snmp):       Started z1.example.com
       Resource Group: nfsgroup
           my_lvm     (ocf::heartbeat:LVM):   Started z1.example.com
           nfsshare   (ocf::heartbeat:Filesystem):    Started z1.example.com
           nfs-daemon (ocf::heartbeat:nfsserver):     Started z1.example.com 
           nfs-root   (ocf::heartbeat:exportfs):      Started z1.example.com
           nfs-export1        (ocf::heartbeat:exportfs):      Started z1.example.com
           nfs-export2        (ocf::heartbeat:exportfs):      Started z1.example.com
           nfs_ip     (ocf::heartbeat:IPaddr2):       Started  z1.example.com
           nfs-notify (ocf::heartbeat:nfsnotify):     Started z1.example.com
      ...
    3. クラスター内のノードより、nfsgroup を実行しているノードをスタンバイモードにします。
      [root@z1 ~]#pcs cluster standby z1.example.com
    4. nfsgroup が別のクラスターノードで正常に起動することを確認します。
      [root@z1 ~]# pcs status
      ...
      Full list of resources:
       Resource Group: nfsgroup
           my_lvm     (ocf::heartbeat:LVM):   Started z2.example.com
           nfsshare   (ocf::heartbeat:Filesystem):    Started z2.example.com
           nfs-daemon (ocf::heartbeat:nfsserver):     Started z2.example.com 
           nfs-root   (ocf::heartbeat:exportfs):      Started z2.example.com
           nfs-export1        (ocf::heartbeat:exportfs):      Started z2.example.com
           nfs-export2        (ocf::heartbeat:exportfs):      Started z2.example.com
           nfs_ip     (ocf::heartbeat:IPaddr2):       Started  z2.example.com
           nfs-notify (ocf::heartbeat:nfsnotify):     Started z2.example.com
      ...
    5. NFS 共有をマウントしたクラスターの外部のノードより、この外部ノードが NFS マウント内のテストファイルにアクセスできることを確認します。
      # ls nfsshare
      clientdatafile1
      ファイルオーバー中、クライアントに対するサービスは一時的に失われますが、クライアントはユーザーが介入しなくても回復するはずです。デフォルトでは、NFSv4 を使用するクライアントはマウントのリカバリーに最大 90 秒かかることがあります。この 90 秒は、起動時にサーバーによって確認される NFSv4 ファイルのリースの猶予期間です。NFSv3 クライアントでは、数秒でマウントへのアクセスが回復するはずです。
    6. クラスター内のノードより、最初に nfsgroup を実行していたノードをスタンバイノードから削除します。これだけでは、クラスターリソースはこのノードに戻されません。
      [root@z1 ~]# pcs cluster unstandby z1.example.com