2.5. リソース設定のテスト

「pcs コマンドを使用したリソースおよびリソースグループの作成」 で示すようにクラスターの状態表示では全リソースが z1.example.com ノードで実行しています。次の手順に従い 1 番目のノードを standby モードにしてリソースグループが z2.example.com ノードにフェールオーバーするかどうかテストします。1 番目のノードをスタンバイモードにするとこのノードではリソースをホストできなくなります。
  1. 次のコマンドでは z1.example.comstandby モードにしています。
    root@z1 ~]# pcs cluster standby z1.example.com
  2. z1 をスタンバイモードにしたらクラスターの状態を確認します。リソースがすべて z2 で実行しているはずです。
    [root@z1 ~]# pcs status
    Cluster name: my_cluster
    Last updated: Wed Jul 31 17:16:17 2013
    Last change: Wed Jul 31 17:18:34 2013 via crm_attribute on z1.example.com
    Stack: corosync
    Current DC: z2.example.com (2) - partition with quorum
    Version: 1.1.10-5.el7-9abe687
    2 Nodes configured
    6 Resources configured
    
    
    Node z1.example.com (1): standby
    Online: [ z2.example.com ]
    
    Full list of resources:
    
     myapc	(stonith:fence_apc_snmp):	Started z1.example.com 
     Resource Group: apachegroup
         my_lvm	(ocf::heartbeat:LVM):	Started z2.example.com 
         my_fs	(ocf::heartbeat:Filesystem):	Started z2.example.com 
         VirtualIP	(ocf::heartbeat:IPaddr2):	Started z2.example.com 
         Website	(ocf::heartbeat:apache):	Started z2.example.com
    
    定義している IP アドレスの web サイトは中断されることなく表示されているはずです。
  3. standby モードから z1 を削除するには、以下のコマンドを実行します。
    root@z1 ~]# pcs cluster unstandby z1.example.com

    注記

    ノードを standby モードから削除しても、リソースがそのノードにフェイルバックされることはありません。実行できるノードリソースの制御に関する詳細は、『Red Hat High Availability Add-On Reference リファレンス』 のクラスターリソースの設定に関する章を参照してください。