4.4. Samba クラスターリソースの設定

本項では、このユースケースで Samba クラスターリソースを設定する手順について説明します。
次の手順では、samba.cib というクラスターの cib のスナップショットを作成し、実行しているクラスターで直接リソースを設定するのではなく、リソースをテストファイルに追加します。リソースと制約を設定すると、この手順により、実行しているクラスター設定に samba.cib がプッシュされます。
クラスターの 1 ノードで、以下の手順を行います。
  1. クラスター設定ファイルの cib ファイルのスナップショットを作成します。
    [root@z1 ~]# pcs cluster cib samba.cib
  2. Samba が使用する CTDB リソースを作成します。このリソースは、両方のクラスタノードで実行できるようにクローンリソースとして作成してください。
    [root@z1 ~]# pcs -f samba.cib resource create ctdb ocf:heartbeat:CTDB \
    ctdb_recovery_lock="/mnt/gfs2share/ctdb/ctdb.lock" \
    ctdb_dbdir=/var/ctdb ctdb_socket=/tmp/ctdb.socket \
    ctdb_logfile=/var/log/ctdb.log \
    op monitor interval=10 timeout=30 op start timeout=90 \
    op stop timeout=100 --clone
  3. クローン Samba サーバーを作成します。
    [root@z1 ~]# pcs -f samba.cib resource create samba systemd:smb --clone
  4. クラスターリソースのコロケーションと順序の制約を作成します。起動順序は、Filesystem リソース、CTDB リソース、Samba リソースです。
    [root@z1 ~]# pcs -f samba.cib constraint order fs-clone then ctdb-clone
    Adding fs-clone ctdb-clone (kind: Mandatory) (Options: first-action=start then-action=start)
    [root@z1 ~]# pcs -f samba.cib constraint order ctdb-clone then samba-clone
    Adding ctdb-clone samba-clone (kind: Mandatory) (Options: first-action=start then-action=start)
    [root@z1 ~]# pcs -f samba.cib constraint colocation add ctdb-clone with fs-clone
    [root@z1 ~]# pcs -f samba.cib constraint colocation add samba-clone with ctdb-clone
  5. cib スナップショットのコンテンツをクラスターにプッシュします。
    [root@z1 ~]# pcs cluster cib-push samba.cib
    CIB updated
  6. クラスターの状態を確認し、リソースが実行されていることを確認します。
    Red Hat Enterprise Linux 7.4 では、CTDB による Samba の起動、共有のエクスポート、安定化にしばらく時間がかかることがあります。このプロセスの前にクラスターステータスを確認すると、CTDB ステータスの呼び出しが失敗したというメッセージが表示されることがあります。このプロセスが完了すれば、pcs resource cleanup ctdb-clone コマンドを使用して表示されたメッセージを消去できます。
    [root@z1 ~]# pcs status
    Cluster name: my_cluster
    Stack: corosync
    Current DC: z1.example.com (version 1.1.16-12.el7_4.2-94ff4df) - partition with quorum
    Last updated: Thu Oct 19 18:17:07 2017
    Last change: Thu Oct 19 18:16:50 2017 by hacluster via crmd on z1.example.com
    
    2 nodes configured
    11 resources configured
    
    Online: [ z1.example.com z2.example.com ]
    
    Full list of resources:
    
     myapc  (stonith:fence_apc_snmp):       Started z1.example.com
     Clone Set: dlm-clone [dlm]
         Started: [ z1.example.com z2.example.com ]
     Clone Set: clvmd-clone [clvmd]
         Started: [ z1.example.com z2.example.com ]
     Clone Set: fs-clone [fs]
         Started: [ z1.example.com z2.example.com ]
     Clone Set: ctdb-clone [ctdb]
         Started: [ z1.example.com z2.example.com ]
     Clone Set: samba-clone [samba]
         Started: [ z1.example.com z2.example.com ]

    注記

    設定したリソースが実行されていない場合は、pcs resource debug-start resource コマンドを実行してリソースの設定をテストできます。このコマンドは、クラスターの制御や認識の範囲外でサービスを起動します。設定したリソースが再度実行された場合は、pcs resource cleanup resource コマンドを実行してクラスターが更新を認識するようにします。pcs resource debug-start コマンドの詳細は、 『High Availability Add-On リファレンス』 の クラスターリソースの有効化、無効化、および禁止 の項を参照してください。