2.4. pcs コマンドを使用したリソースおよびリソースグループの作成

この事例の場合、クラスターリソースを 4 つ作成する必要があります。すべてのリソースが必ず同じノードで実行されるよう apachegroup というリソースグループの一部として構成させます。作成するリソースを起動する順序で以下に示します。
  1. 「LVM ボリュームを ext4 ファイルシステムで設定」 の手順で作成した LVM ボリュームグループを使用する、my_lvm という名前の LVM リソース。
  2. 「LVM ボリュームを ext4 ファイルシステムで設定」 の手順で作成したファイルシステムデバイス /dev/my_vg/my_lv を使用する、my_fs という名前の Filesystem リソース。
  3. apachegroup リソースグループのフローティング IP アドレスである IPaddr2 リソース。すでに物理ノードに関連付けされた IP アドレスは使用できません。IPaddr2 リソースの NIC デバイスが指定されていない場合、クラスターノードによって使用される静的に割り当てられた IP アドレスと同じネットワーク上にフローティング IP が存在しないと、フローティング IP アドレスを割り当てる NIC デバイスが適切に検出されません。
  4. Website と言う名前の apache リソース、「Web サーバーの設定」 の手順で定義した index.html ファイルと Apache 設定を使用します。
次の手順で apachegroup リソースグループとこのグループに含ませるリソースを作成します。リソースはグループに追加した順序で起動し、またその逆順で停止します。次の手順はクラスター内いずれか一つのノードだけで行います。
  1. 次のコマンドでは my_lvm LVM リソースを作成しています。LVM 論理ボリュームの作動がクラスター以外では行えないよう exclusive=true パラメーターを指定しています。この時点で apachegroup リソースグループはまだ存在していないため、このコマンドにより作成されることになります。
    [root@z1 ~]# pcs resource create my_lvm LVM volgrpname=my_vg \
    exclusive=true --group apachegroup
    リソースを作成するとそのリソースは自動的に起動されます。次のコマンドを使ってリソースが確かに作成、起動されたことを確認します。
    # pcs resource show
     Resource Group: apachegroup
         my_lvm	(ocf::heartbeat:LVM):	Started
    pcs resource disablepcs resource enable のコマンドを使用すると手作業によるリソースの停止と起動をリソースごと個別に行うことができます。
  2. 次のコマンドでは構成に必要な残りのリソースを作成し、apachegroup リソースグループに追加しています。
    [root@z1 ~]# pcs resource create my_fs Filesystem \
    device="/dev/my_vg/my_lv" directory="/var/www" fstype="ext4" --group \
    apachegroup
    
    [root@z1 ~]# pcs resource create VirtualIP IPaddr2 ip=198.51.100.3 \
    cidr_netmask=24 --group apachegroup
    
    [root@z1 ~]# pcs resource create Website apache \
    configfile="/etc/httpd/conf/httpd.conf" \
    statusurl="http://127.0.0.1/server-status" --group apachegroup
  3. リソースおよびそのリソースを含ませるリソースグループの作成が完了したらクラスターの状態を確認します。4 つのリソースすべてが同じノードで実行していることを確認してください。
    [root@z1 ~]# pcs status
    Cluster name: my_cluster
    Last updated: Wed Jul 31 16:38:51 2013
    Last change: Wed Jul 31 16:42:14 2013 via crm_attribute on z1.example.com
    Stack: corosync
    Current DC: z2.example.com (2) - partition with quorum
    Version: 1.1.10-5.el7-9abe687
    2 Nodes configured
    6 Resources configured
    
    
    Online: [ z1.example.com z2.example.com ]
    
    Full list of resources:
     myapc	(stonith:fence_apc_snmp):	Started z1.example.com 
     Resource Group: apachegroup
         my_lvm	(ocf::heartbeat:LVM):	Started z1.example.com 
         my_fs	(ocf::heartbeat:Filesystem):	Started z1.example.com 
         VirtualIP	(ocf::heartbeat:IPaddr2):	Started z1.example.com 
         Website	(ocf::heartbeat:apache):	Started z1.example.com
    「排他処理の設定」 の手順でクラスターにフェンスデバイスを設定していないとリソースはデフォルトでは起動しないので注意してください。
  4. クラスターが起動し稼働し始めたら、 ブラウザで IPaddr2 リソースとして定義した IP アドレスをポイントし "Hello" のテキストで構成されるサンプル表示が正しく表示されるか確認します。
    Hello
    設定したリソースが実行していない場合には pcs resource debug-start resource コマンドを実行してリソースの設定をテストしてみます。pcs resource debug-start コマンドの詳細については 『High Availability Add-On Reference (High Availability Add-On リファレンス)』 のガイドを参照してください。