Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.3. 排他処理の設定

クラスターの各ノードにフェンスデバイスを設定する必要があります。フェンス設定コマンドの説明やオプションは、『Red Hat Enterprise Linux 7 High Availability Add-On リファレンス』 を参照してください。排他処理 (フェンシング) やその重要性は、Fencing in a Red Hat High Availability Cluster を参照してください。
注記
フェンスデバイスを設定する場合は、そのデバイスが、クラスター内のノードまたはデバイスと電源を共有しているかどうかに注意する必要があります。ノードとそのフェンスデバイスが電源を共有していると、その電源をフェンスできず、フェンスデバイスが失われた場合は、クラスターがそのノードをフェンスできない可能性があります。このようなクラスターには、フェンスデバイスおよびノードに冗長電源を提供するか、または電源を共有しない冗長フェンスデバイスが存在する必要があります。SBD やストレージフェンシングなど、その他のフェンシング方法でも、分離した電源供給の停止時に冗長性を得られます。
ここでは、ホスト名が zapc.example.com の APC 電源スイッチを使用してノードをフェンスし、fence_apc_snmp フェンスエージェントを使用します。ノードはすべて同じフェンスエージェントで排他処理されるため、pcmk_host_mappcmk_host_list のオプションを使ってすべてのフェンスデバイスを一つのリソースとして設定できます。
pcs stonith create コマンドを使って stonith リソースとしてデバイスを設定し、フェンスデバイスを作成します。以下のコマンドは、z1.example.com ノードおよび z2.example.com ノードの fence_apc_snmp フェンスエージェントを使用する、stonith リソース myapc を設定します。pcmk_host_map オプションにより、z1.example.com がポート 1 にマップされ、z2.example.com がポート 2 にマップされます。APC デバイスのログイン値とパスワードはいずれも apc です。デフォルトでは、このデバイスは各ノードに対して、60 秒間隔で監視を行います。
また、ノードのホスト名を指定する際に、IP アドレスを使用できます。
[root@z1 ~]# pcs stonith create myapc fence_apc_snmp \
ipaddr="zapc.example.com" pcmk_host_map="z1.example.com:1;z2.example.com:2" \
pcmk_host_check="static-list" pcmk_host_list="z1.example.com,z2.example.com" \
login="apc" passwd="apc"
注記
fence_apc_snmp stonith デバイスを作成するときに次のような警告メッセージが表示されることがありますがこのメッセージは無視して構いません。
Warning: missing required option(s): 'port, action' for resource type: stonith:fence_apc_snmp
次のコマンドは、既存の STONITH デバイスのパラメーターを表示します。
[root@rh7-1 ~]# pcs stonith show myapc
 Resource: myapc (class=stonith type=fence_apc_snmp)
  Attributes: ipaddr=zapc.example.com pcmk_host_map=z1.example.com:1;z2.example.com:2 pcmk_host_check=static-list pcmk_host_list=z1.example.com,z2.example.com login=apc passwd=apc
  Operations: monitor interval=60s (myapc-monitor-interval-60s)
フェンスデバイスの設定後に、デバイスをテストする必要があります。フェンスデバイスのテストの説明は、『High Availability Add-On リファレンス』 の フェンス機能: STONITH の設定
注記
ネットワークインターフェースを無効にしてフェンスデバイスのテストを実行しないでください。フェンシングが適切にテストされなくなります。
注記
フェンシングを設定してクラスターが起動すると、タイムアウトに到達していなくても、ネットワークの再起動時に、ネットワークを再起動するノードのフェンシングが発生します。このため、ノードで意図しないフェンシングが発生しないように、クラスターサービスの実行中はネットワークサービスを再起動しないでください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。