Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.3. 排他処理の設定

クラスターの各ノードにフェンスデバイスを設定する必要があります。フェンスデバイスの設定に関する情報は、『Red Hat Enterprise Linux 7 High Availability Add-On Reference』 を参照してください。

注記

フェンスデバイスの設定をする際、そのフェンスデバイスで管理を行うノードと電源が共有されていないことを必ず確認してください。
ここでは zapc.example.com というホスト名の APC 電源スイッチを使ってノードの排他処理を行います。このスイッチは fence_apc_snmp フェンスエージェントを使用します。ノードはすべて同じフェンスエージェントで排他処理されるため、pcmk_host_mappcmk_host_list のオプションを使ってすべてのフェンスデバイスを一つのリソースとして設定できます。
pcs stonith create コマンドを使って stonith リソースとしてデバイスを設定し、フェンスデバイスを作成します。次のコマンドは、z1.example.com および z2.example.com ノードの fence_apc_snmp フェンスエージェントを使用する myapc という名前の stonith リソースを設定します。pcmk_host_map オプションは z1.example.com をポート 1 にマップし、z2.example.com をポート 2 にマップします。APC デバイスのログイン値とパスワードはいずれも apc です。デフォルトでは、このデバイスは各ノードに対して 60 秒間隔で監視を行います。
ノードのホスト名を指定する場合、IP アドレスを使用することができます。
[root@z1 ~]# pcs stonith create myapc fence_apc_snmp params \
ipaddr="zapc.example.com" pcmk_host_map="z1.example.com:1;z2.example.com:2" \
pcmk_host_check="static-list" pcmk_host_list="z1.example.com,z2.example.com" \
login="apc" passwd="apc"

注記

fence_apc_snmp stonith デバイスを作成するときに次のような警告メッセージが表示されることがありますがこのメッセージは無視して構いません。
Warning: missing required option(s): 'port, action' for resource type: stonith:fence_apc_snmp
次のコマンドを使うと既存の STONITH デバイスのパラメーターが表示されます。
[root@rh7-1 ~]# pcs stonith show myapc
 Resource: myapc (class=stonith type=fence_apc_snmp)
  Attributes: ipaddr=zapc.example.com pcmk_host_map=z1.example.com:1;z2.example.com:2 pcmk_host_check=static-list pcmk_host_list=z1.example.com,z2.example.com login=apc passwd=apc
  Operations: monitor interval=60s (myapc-monitor-interval-60s)