1.2. クラスターの作成

この手順では、z1.example.com および z2.example.com ノードで構成される Red Hat High Availability Add-On を作成します。
  1. 次のコマンドを z1.example.com で実行し ノード z1.example.com とノード z2.example.com で構成される 2 ノードクラスターの my_cluster を作成します。これによりクラスター設定ファイルがクラスター内の全ノードに伝搬されます。このコマンドには --start オプションが含まれます。このオプションを使用すると、クラスター内の全ノードでクラスターサービスが起動されます。
    [root@z1 ~]# pcs cluster setup --start --name my_cluster \
    z1.example.com z2.example.com
    z1.example.com: Succeeded
    z1.example.com: Starting Cluster...
    z2.example.com: Succeeded
    z2.example.com: Starting Cluster...
  2. クラスターサービスを有効にし、ノードがブートしたときにクラスターの各ノードでクラスターサービスが実行されるようにします。

    注記

    使用環境によってクラスターサービスを無効にしておきたい場合などはこの手順を省いて構いません。この手順を行うことで、ノードがダウンした場合にクラスターやリソース関連の問題をすべて解決してからそのノードをクラスターに戻すことができます。クラスターサービスを無効にしている場合には、ノードを再起動する時に pcs cluster start コマンドを使って手作業でサービスを起動しなければならないので注意してください。
    # pcs cluster enable --all
pcs cluster status コマンドを使用するとクラスターの現在の状態を表示できます。pcs cluster setup コマンドの --start オプションを使用してクラスターサービスを起動した場合は、クラスターが稼働する前に若干の遅延が発生することがあるため、クラスターに対する後続アクションと設定を行う前にクラスターが稼働していることを確認する必要があります。
[root@z1 ~]# pcs cluster status
Cluster Status:
 Last updated: Thu Jul 25 13:01:26 2013
 Last change: Thu Jul 25 13:04:45 2013 via crmd on z2.example.com
 Stack: corosync
 Current DC: z2.example.com (2) - partition with quorum
 Version: 1.1.10-5.el7-9abe687
 2 Nodes configured
 0 Resources configured