3.2. LVM ボリュームを ext4 ファイルシステムで設定

このユースケースでは、クラスターのノード間で共有されるストレージに LVM 論理ボリュームを作成する必要があります。
次の手順に従い LVM 論理ボリュームを作成しその論理ボリューム上に ext4 ファイルシステムを作成します。ここでは /dev/sdb1 共有パーティションを使って LVM 論理ボリュームの作成元となる LVM 物理ボリュームを格納します。

注記

LVM ボリューム、該当パーティション、クラスターノードで使用するデバイスなどはクラスターノード以外には接続しないでください。
/dev/sdb1 パーティションは共有させるストレージとなるため、この手順は一つのノードでのみ行います。
  1. LVM 物理ボリュームを /dev/sdb1 パーティション上に作成します。
    [root@z1 ~]# pvcreate /dev/sdb1
      Physical volume "/dev/sdb1" successfully created
  2. /dev/sdb1 物理ボリュームで構成される my_vg ボリュームグループを作成します。
    [root@z1 ~]# vgcreate my_vg /dev/sdb1
      Volume group "my_vg" successfully created
  3. my_vg ボリュームグループを使用する論理ボリュームを作成します。
    [root@z1 ~]# lvcreate -L450 -n my_lv my_vg
      Rounding up size to full physical extent 452.00 MiB
      Logical volume "my_lv" created
    lvs コマンドを使って論理ボリュームを表示してみます。
    [root@z1 ~]# lvs
      LV      VG      Attr      LSize   Pool Origin Data%  Move Log Copy%  Convert
      my_lv   my_vg   -wi-a---- 452.00m
      ...
  4. ext4 ファイルシステムを my_lv 論理ボリューム上に作成します。
    [root@z1 ~]# mkfs.ext4 /dev/my_vg/my_lv
    mke2fs 1.42.7 (21-Jan-2013)
    Filesystem label=
    OS type: Linux
    ...