第3章 Red Hat High Availability クラスターのアクティブ/パッシブな NFS サーバー

本章では、共有ストレージを使用して 2 ノードの Red Hat Enterprise Linux High Availability Add-On クラスターで高可用性アクティブ/パッシブ NFS サーバーを設定する方法について説明します。手順では pcs コマンドを使用して Pacemaker クラスターリソースを設定します。このユースケースでは、クライアントはフローティング IP アドレスより NFS ファイルシステムにアクセスします。NFS サービスは、クラスターの 2 つのノードの 1 つで実行されます。NFS サーバーが稼働しているノードが正常に動作しなくなった場合、NFS サーバーはクラスターの 2 つ目のノードで再起動され、サービスの中断は最小限になります。
このユースケースでは、システムに以下のコンポーネントが必要になります。
  • Apache HTTP サーバーを実行するクラスターを作成するために使用される 2 つのノード。この例では、z1.example.comz2.example.com の 2 つのノードが使用されます。
  • 各ノード用の電源フェンスデバイス、ここでは APC 電源スイッチの 2 ポートを使用しています。ホスト名は zapc.example.com にしています。
  • NFS サーバーに必要なパブリック仮想 IP アドレス。
  • クラスター内のノードで使用する共有ストレージ、iSCSI または Fibre チャンネルを使用します。
2 ノード Red Hat Enterprise Linux で高可用性アクティブ/パッシブ NFS サーバーを設定するには、以下の手順を実行する必要があります。
  1. 「NFS クラスターの作成」 の説明に従って、NFS サーバーを実行するクラスターを作成し、クラスターの各ノードにフェンシングを設定します。
  2. 「LVM ボリュームを ext4 ファイルシステムで設定」 の説明に従って、クラスターのノードに対する共有ストレージの LVM 論理ボリューム my_lv にマウントされた ext4 ファイルシステムを設定します。
  3. 「NFS 共有の設定」 の説明に従って、LVM 論理ボリュームの共有ストレージで NFS 共有を設定します。
  4. 「ボリュームグループのアクティブ化をクラスター内に限定」 の説明に従って、論理ボリューム my_lv が含まれる LVM ボリュームグループをクラスターのみがアクティブ化できるようにし、ボリュームグループが起動時にクラスターの外部でアクティブ化されないようにします。
  5. 「クラスターリソースの設定」 の説明に従って、クラスターリソースを作成します。
  6. 「リソース設定のテスト」 に従って、設定した NFS サーバーをテストします。

3.1. NFS クラスターの作成

以下の手順に従って、NFS クラスターをインストールおよび作成します。
  1. 「クラスターソフトウェアのインストール」 の手順に従って、z1.example.com および z2.example.com ノードにクラスターソフトウェアをインストールします。
  2. 「クラスターの作成」 の手順に従って、z1.example.comz2.example.com で構成される 2 ノードクラスターを作成します。この手順の例と同様に、クラスターには my_cluster という名前が付けられます。
  3. 「排他処理の設定」 の説明に従って、クラスターの各ノードにフェンスデバイスを設定します。この例では、ホスト名が zapc.example.com という APC 電源スイッチの 2 つのポートを使用してフェンシングが設定されます。