第4章 Red Hat High Availability クラスター (Red Hat Enterprise Linux 7.4 以降) のアクティブ/アクティブ Samba サーバー

Red Hat Enterprise Linux 7.4 リリースでは、Red Hat の High Availability Add-On は、Pacemaker を使用して、アクティブ/アクティブクラスタ構成での Samba の実行に対応しています。本章では、共有ストレージを使用した 2 ノードの Red Hat Enterprise Linux High Availability Add-On クラスターでアクティブ/アクティブ Samba サーバーを構成する方法を説明します。この手順では、Pacemaker クラスターリソースの構成に pcs を使用します。
このユースケースでは、システムに以下のコンポーネントが必要になります。
  • Clustered Samba を実行しているクラスターの作成に使用する 2 つのノード。この例で使用するノードは  z1.example.comz2.example.com で、それぞれの IP アドレスは 192.168.1.151192.168.1.152 です。
  • 各ノード用の電源フェンスデバイス、ここでは APC 電源スイッチの 2 ポートを使用しています。ホスト名は zapc.example.com にしています。
  • iSCSI またはファイバーチャネルを使用する、クラスターのノードに対する共有ストレージ。
2 ノード Red Hat Enterprise Linux High Availability Add-On クラスターで高可用性アクティブ/アクティブ NFS サーバーを設定するには、以下のステップを実行する必要があります。
  1. 「NFS クラスターの作成」 の説明に従い、Samba 共有をエクスポートして、クラスターの各ノードに対するフェンシングを構成します。
  2. 「LVM ボリュームを ext4 ファイルシステムで設定」 の説明に従い、クラスターのノードに対する共有ストレージ上のクラスター化された LVM 論理ボリューム my_clv にマウントした gfs2 ファイルシステムを設定します。
  3. 「Samba の設定」 を参照してクラスターの各ノードで Samba を設定します。
  4. 「Samba クラスターリソースの設定」 の説明に従って、Samba クラスターリソースを作成します。
  5. 「リソース設定のテスト」 に従って、設定した Samba 共有をテストします。

4.1. クラスターの作成

次の手順に従って、Samba サービスに使用するクラスターのインストールと作成を行います。
  1. 「クラスターソフトウェアのインストール」 の手順に従って、z1.example.com および z2.example.com ノードにクラスターソフトウェアをインストールします。
  2. 「クラスターの作成」 の手順に従って、z1.example.comz2.example.com で構成される 2 ノードクラスターを作成します。この手順の例と同様に、クラスターには my_cluster という名前が付けられます。
  3. 「排他処理の設定」 の説明に従って、クラスターの各ノードにフェンスデバイスを設定します。この例では、ホスト名が zapc.example.com という APC 電源スイッチの 2 つのポートを使用してフェンシングが設定されます。