Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.2. GFS2 ファイルシステムマウント

注記
「GFS2 ファイルシステムのアンマウント」 で説明されているように、システムのシャットダウン時に問題が発生する可能性があるため、mount コマンドでファイルシステムを手動でマウントするのではなく、常に Pacemaker を使用して運用環境で GFS2 ファイルシステムを管理する必要があります。
GFS2 ファイルシステムをマウントできるようにするには、そのファイルシステムが存在しており (「GFS2 ファイルシステムの作成」 参照)、そのファイルシステムが存在するボリュームがアクティブな状態で、かつクラスタリングシステムとロッキングシステムのサポートが起動している必要があります (Red Hat Cluster の設定と管理 を参照)。以上の要件を満たすと、Linux ファイルシステムと同様に GFS2 ファイルシステムをマウントできます。
GFS2 ファイルシステムが適切に動作するには、GFS 2 ファイルシステムをマウントするすべてのノードに gfs2-utils パッケージをインストールする必要があります。gfs2-utils パッケージは、Resilient Storage チャンネルで提供されます。
ファイル ACL を操作するには、-o acl マウントオプションを指定して、ファイルシステムをマウントする必要があります。-o acl マウントオプションを指定せずにファイルシステムをマウントすると、ユーザーは (getfacl で) ACL を表示できますが、(setfaclで) それらを設定することができません。

Usage

ACL 操作なしのマウント
mount BlockDevice MountPoint
ACL 操作が可能なマウント
mount -o acl BlockDevice MountPoint
-o acl
ファイル ACL の操作を可能にする GFS2 固有のオプション 。
BlockDevice
GFS2 ファイルシステムを置くブロックデバイスを指定します。
MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされるディレクトリーを指定します。

この例では、/dev/vg01/lvol0 の GFS2 ファイルシステムは /mygfs2 ディレクトリーにマウントされます。
# mount /dev/vg01/lvol0 /mygfs2

完全な使用法

mount BlockDevice MountPoint -o option
-o option 引数は、GFS2 固有のオプション (表3.2「GFS2 固有のマウントオプション」 を参照)、または許容できる標準の Linux mount -o オプション、もしくはその両方の組み合わせで構成されています。複数の option パラメーターはカンマで区切ります (スペースは使用しません)。
注記
mount コマンドは Linux のシステムコマンドです。本セクションで説明する GFS2 固有のオプションのほかにも、標準の mount コマンドオプション (-r など) を使用できます。Linux mount コマンドのオプションに関する情報は、Linux mount man ページでご覧ください。
表3.2「GFS2 固有のマウントオプション」 は、マウント時に GFS2 に渡すことができる GFS2 固有の -o option 値を説明します。
注記
この表では、ローカルファイルシステムでのみ使用されるオプションを説明します。ただし、Red Hat Enterprise Linux 6 リリースでは、Red Hat はシングルノードファイルシステムとしての GFS2 の使用をサポートしないことに注意してください。Red Hat は、クラスターファイルシステムのスナップショットのマウントを目的 (例: バックアップ) とした、単一ノードの GFS2 ファイルシステムを引き続きサポートします。

表3.2 GFS2 固有のマウントオプション

オプション説明
aclファイル ACL を操作できるようにします。 acl マウントオプションを指定せずにファイルシステムをマウントした場合、ユーザーは ACL の表示 (getfacl) はできますが、設定 (setfacl) はできません。
data=[ordered|writeback] data=ordered が設定されていると、トランザクションにより変更したユーザーデータは、トランザクションがディスクにコミットされる前にディスクにフラッシュされます。これにより、クラッシュ後に、初期化されていないブロックがファイルに表示されなくなります。data=writeback モードが設定されていると、そのユーザーのデータがダーティーになるとディスクに書き込まれます。ここでは、ordered モードと同じような一貫性保証は行わないため、ワークロードによって少し速くなります。デフォルト値は ordered モードです。
ignore_local_fs
注意: このオプションは、GFS2 ファイルシステムが共有されている場合には 使用すべきではありません
GFS2 がファイルシステムをマルチホストファイルシステムとして扱うように強制します。デフォルトでは、lock_nolock を使用すると、localflocks フラグが自動的に有効になります。
localflocks
注意: このオプションは、GFS2 ファイルシステムが共有されている場合には使用すべきではありません。
VFS (仮想ファイルシステム) レイヤーが flock および fcntl をすべて実行するように、GFS2 に命令します。localflocks フラグは、lock_nolock により自動的に有効になります。
lockproto=LockModuleNameユーザーがファイルシステムで使用するロックプロトコルを指定できるようにします。LockModuleName を指定しない場合、ロックプロトコル名は、ファイルシステムのスーパーブロックから読み取られます。
locktable=LockTableNameユーザーがファイルシステムで使用するロックテーブルを指定できるようにします。
quota=[off/account/on]ファイルシステムのクォータのオンとオフを切り替えます。クォータを account 状態に設定すると、UID ごとまたは GID ごとの使用統計がファイルシステムにより正しく管理され、limit と warn の値は無視されます。デフォルト値は off です。
errors=panic|withdrawerror=panic を指定すると、ファイルシステムのエラーによりカーネルパニックが発生します。errors=withdraw を指定 (デフォルトの動作) は、ファイルシステムのエラーによりシステムはファイルシステムから撤退し、次にシステムを再起動するまでアクセスできなくなります。場合によっては、システムは稼働したままになります。
discard/nodiscard GFS2 が、解放されたブロックの「破棄」I/O 要求を生成します。これを適切なハードウェアで使用して、シンプロビジョニングや同様のスキームを実装できます。
barrier/nobarrier ジャーナルのフラッシュ時に GFS2 が I/O バリアを送信します。デフォルト値は on です。基となるデバイスが I/O バリアに対応していないと、このオプションは自動的に off になります。ブロックデバイスが、書き込みキャッシュの内容を失わないように設計されていない場合 (UPS 上にある場合や、書き込みキャッシュがない場合など) は常に、GFS2 で I/O バリアを使用することが強く推奨されます。
quota_quantum=secs クォータ情報の変更が、クォータファイルに書き込まれる前にノードに留まる秒数を設定します。これは、このパラメーターの設定に推奨される方法です。この値には、ゼロよりも大きい秒数 (整数) を設定します。デフォルトは 60 秒です。短く設定すると、遅延クォータ情報の更新が速くなり、そのクォータを超過する可能性が低くなります。長く設定すると、クォータに関連するファイルシステムの操作が速くなり、より効率的になります。
statfs_quantum=secs statfs の遅いバージョンを設定する場合は statfs_quantum を 0 に設定するのが推奨の方法です。デフォルト値は 30 秒で、statfs 変更がマスターの statfs ファイルに同期されるまでの最大期間を設定します。速いけど正確さが劣るように、もしくは遅くて正確さが上げるように statfs の値を調整できます。このオプションを 0 に設定すると、statfs は、常に true 値を報告します。
statfs_percent=value その期間が経過していなくても、マスターの statfs ファイルに同期するまでの、ローカルベースでの statfs 情報の最大変化率の上限を設定します。statfs_quantum の設定が 0 の場合は、この設定が無視されます。