3.2. ファイルシステムのマウント

GFS2 ファイルシステムをマウントできるようにするには、そのファイルシステムが存在しており (「ファイルシステムの作成」 参照)、そのファイルシステムが存在するボリュームがアクティブな状態で、かつクラスタリングシステムとロッキングシステムのサポートが起動している必要があります (Red Hat Cluster の設定と管理 を参照)。これらの要件を満たした上で、Linux ファイルシステムと同様に GFS2 ファイルシステムをマウントすることができます。
ファイル ACL を操作するには、-o acl マウントオプションを指定して、ファイルシステムをマウントする必要があります。-o acl マウントオプションを指定せずにファイルシステムをマウントすると、ユーザーは (getfacl で) ACL を表示できますが、(setfaclで) それらを設定することができません。

使用方法

ACL 操作なしのマウント
mount BlockDevice MountPoint
ACL 操作が可能なマウント
mount -o acl BlockDevice MountPoint
-o acl
ファイル ACL の操作を可能にする GFS2 固有のオプション 。
BlockDevice
GFS2 ファイルシステムが常駐するブロックデバイスを指定します。
MountPoint
GFS2 ファイルシステムがマウントされるディレクトリーを指定します。

この例では、/dev/vg01/lvol0 の GFS2 ファイルシステムは /mygfs2 ディレクトリーにマウントされます。
# mount /dev/vg01/lvol0 /mygfs2

完全な使用法

mount BlockDevice MountPoint -o option
-o option 引数は GFS2 固有のオプション (表3.2「GFS2 固有のマウントオプション」 を参照)、使用可能な標準の Linux mount -o オプション、あるいはその両方の組み合わせで構成されます。複数の option パラメーターは、空白を 入れずにコンマで区切ります。

注記

mount コマンドは Linux のシステムコマンドです。このセクションに 説明してある GFS2 固有のオプションの他にも、標準の mount コマンドの オプション(たとえば、-r)を使用することができます。Linux mount コマンドのオプションに関する情報は、Linux mount man ページでご覧ください。
表3.2「GFS2 固有のマウントオプション」 ではマウント時に GFS2 へ渡すことのできる使用可能な GFS2 固有の -o option 値を説明します。

注記

この表には、ローカルのファイルシステムで使用するオプションの説明のみが記載されています。ただし、Red Hat Enterprise Linux 6 リリースでは、Red Hat はシングルノードファイルシステムとしての GFS2 の使用をサポートしないことに注意してください。Red Hat は、シングルノード GFS2 ファイルシステムでクラスターファイルシステムのスナップショットのマウント (たとえば、バックアップ目的) を引き続きサポートします。

表3.2 GFS2 固有のマウントオプション

オプション説明
aclファイル ACL の操作を可能にします。 acl マウントオプションを指定せずにファイルシステムをマウントした場合、ユーザーは ACL の表示 (getfacl) はできますが、設定 (setfacl) はできません。
data=[ordered|writeback]data=ordered を設定すると、トランザクションにより変更されたユーザーデータは、トランザクションがディスクにコミットされる前にディスクにフラッシュされます。これは、クラッシュの後にファイル内で初期化されていないブロックがユーザーに表示されるのを防ぎます。data=writeback モードが設定されている場合は、ユーザーデータはダーティとなった後でも、随時ディスクに書き込まれます。これは、ordered モードと同じ一貫性保証は提供しませんが、ワークロードによっては若干速くなります。デフォルト値は ordered モードです。
ignore_local_fs
注意: このオプションは、GFS2 ファイルシステムが共有されている場合には 使用すべきではありません
GFS2 がファイルシステムをマルチホストファイルシステムとして扱うように強制します。デフォルトでは、lock_nolock を使用すると localflocks のフラグが自動的に有効になります。
localflocks
注意: このオプションは、GFS2 ファイルシステムが共有されている場合には使用すべきではありません。
VFS (virtual file system) レイヤーですべての flock と fcntl を実行するよう、GFS2 に指示します。localflocks フラグは lock_nolock により自動的に有効になります。
lockproto=LockModuleNameユーザーが、ファイルシステムで使用するロックプロトコルを指定できるようにします。LockModuleName が指定されていない場合は、ファイルシステムのスーパーブロックからロックプロトコル名が読み込まれます。
locktable=LockTableNameユーザーがファイルシステムで使用するロックテーブルを指定できるようにします。
quota=[off/account/on]ファイルシステムのクォータのオン/オフを切り替えます。account の状態となるようにクォータを設定すると、UID/GID 毎の使用状況の統計はファイルシステムにより正しく維持され、上限と警告の値は無視されます。デフォルト値は off です。
errors=panic|withdrawerrors=panic を指定すると、ファイルシステムのエラーによりカーネルパニックが起こります。errors=withdraw を指定すると (これはデフォルトの動作)、ファイルシステムのエラーにより、システムがファイルシステムから切り離され、次回の再起動までシステムにアクセスできなくなります。場合によっては、システムが稼働し続けることがあります。
discard/nodiscardこれにより、GFS2 は、解放されたブロックに対する「破棄」 I/O 要求を生成します。これらのブロックは、適切なハードウェアがシンプロビジョニングおよび同様のスキームを実装するのに使用可能です。
barrier/nobarrierこれにより、GFS2 は、ジャーナルをフラッシュする際に、I/O バリアを送信します。デフォルト値は on です。このオプションは配下のデバイスが I/O バリアに対応していない場合は自動的に off になります。書き込みキャッシュの内容の消失が不可能となるようにブロックデバイスが設計されていない限り (UPS 上にある場合や書き込みキャッシュがない場合)、GFS2 では I/O バリアを常に使用することを強く推奨します。
quota_quantum=secsクォータ情報に関する変更がクォータファイルに書き込まれるまでに一つのノードに留めることができる秒数を設定します。パラメーターの設定には、この方法が推奨されます。値はゼロより大きい整数になります。デフォルトは 60 秒です。これより短く設定すると遅延クォータ情報の更新速度が速くなるため、そのクォータを越えてしまう可能性が少なくなります。長く設定すると、クォータに伴うファイルシステムの動作速度が高速化され、効率性が向上します。
statfs_quantum=secsstatfs の遅いバージョンを設定する場合は statfs_quantum を 0 に設定するのが推奨の方法です。デフォルト値は 30 秒で、statfs の変更が statfs のマスターファイルに同期されるまでの最大時間を設定します。速度を高くして statfs の正確性を低くしたり、速度を低くして正確性を高めたりするなどの調整が可能です。このオプションを 0 に設定すると statfs は常に true の値を報告するようになります。
statfs_percent=value有効期間が切れていない場合でも、 statfs のマスターファイルに戻って同期するまでにローカルベースで statfs 情報の最大変更率の上限を提供します。 statfs_quantum の設定が 0 の場合はこの設定は無視されます。