2.7. ハードウェアに関する考慮事項

GFS2 ファイルシステムをデプロイする際には、以下のようなハードウェア考慮事項を検討する必要があります。
  • より高品質なストレージオプションを使用する
    GFS2 は、iSCSI や Fibre Channel over Ethernet (FCoE) などの低コストの共有ストレージオプションで稼働可能ですが、キャッシュ容量が大きな高品質のストレージを購入するとパフォーマンスが向上します。Red Hat は、ファイバーチャネル相互接続の SAN ストレージ上で品質、サニティー、パフォーマンスに関するほとんどのテストを実行します。原則として、まずテストを実施してからデプロイすることが推奨されます。
  • デプロイ前にネットワーク機器をテストする
    高品質の高速ネットワーク機器を使用することにより、クラスターの通信および GFS2 が高速化され、信頼性が向上しますが、最も高額なハードウェアを購入する必要はありません。最も高価なネットワークスイッチの一部で fcntl ロック (flock) の受け渡しに使用されるマルチキャストパケットの受け渡しの問題が発生する一方で、安価なコモディティーネットワークスイッチの方が高速かつ信頼度が高い場合があります。完全な実稼働環境にデプロイする前に機器をテストすることが推奨されます。